出遅れ日本株は相場の移行期、秋口から上昇へ

りそなAMエコノミスト・黒瀬浩一氏の市場予測

日本株全体は足踏み状態だが、銘柄は入れ替わりつつある(写真:Bloomberg)
アメリカではインフレと長期金利の上昇リスクが懸念されている。また、日本の株価はこのところ足踏み状態が続いている。FRB(連邦準備制度理事会)のテーパリング(緩和縮小)観測も強まる中、りそなアセットマネジメントのチーフ・ストラテジスト兼チーフ・エコノミストの黒瀬浩一氏に今後の展開を予想してもらった。

アメリカのインフレ圧力は続かない

――アメリカでインフレ圧力が高まり、長期金利が上昇し、株価の大幅下落につながるのではないかと見る向きは多い。そうした見方の背景には商品相場の上昇もあります。

2000年代に入ってアメリカでは商品相場が上昇しても、人件費が上がらない状態が続いてきました。そうするとインフレにはならないんですね。2008年にWTI原油価格は1バレル=140ドルにまで上昇し、2011年にも100ドルを超えた。でも、人件費が上がらないのでインフレにならなかった。資源価格が上がったら、むしろ企業は他のコストを抑えにかかる。かつてのように賃金に波及していかないと思います。

――リーマンショック後に長期停滞論を唱えていたサマーズ元財務長官がコロナ危機後はアメリカの財政拡大によるインフレ圧力を懸念する発言をして話題になりました。しかし、そこまで需要は強くないと見ているわけですね。

そう思いますね。そろそろ結果が判明してきます。昨年は給付金の大盤振る舞いで個人所得が増えて、小売り売上高も伸びた。巣ごもり需要だから、売れたのはIT関連機器、家電、家具、そして住宅。しかし、ワクチンの普及によって皆が外へ出るようになったら、こうした消費は一気に落ちると思います。代わりにパーティや旅行にお金を使う。けれども、給付金がなくなるので、消費全体としては大きく伸びない。

次ページサービス消費は増えるが、財の消費が落ちてくる
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT