女優・いとうまい子が「研究者」の道に進んだ理由

40代で早大入学彼女が見つけた学びなおしの道

「学び直し」の必要性が言われるようになって久しいですが、いざ何か勉強しようと思っても、重い腰が上がらない……という方もいるのでは?(写真:Womantype編集部)
この記事の画像を見る(9枚)
長く働き続けるために、「学び直し」の必要性が言われるようになって久しい。しかし、実際どのぐらいキャリアにプラスなのかイメージできず、いざ何か勉強しようと思っても、重い腰が上がらない……という人もいるのでは?
そんな迷いを抱えている人に、「女優・タレント」に加え、今や「研究者」や「ロボット開発者」の顔を併せ持ついとうまい子さんの物語を届けたい。

1980年代に芸能界デビューし、現在もタレント活動を続けているいとうさんは、44歳で早稲田大学に進学。修士課程でのロボット工学研究を経て、現在は博士課程で予防医学の研究をしている。さらには、AIを利活用したサービスを提供するエクサウィザーズのフェローとしてロボット開発にも取り組んでいる真っ最中だ。

本記事はWoman type(運営:キャリアデザインセンター)からの提供記事です。元記事はこちら

芸能界でのキャリアを順調に積んでいたように見えるいとうさんは、なぜ今までのキャリアとまったく異なる領域で「学び直し」へと踏み出したのか? その選択は、いとうさんの人生にどのような影響をもたらしたのか?

「今も人生の満足度は上がりっぱなしです」と生き生きと語るいとうさんに、これからの時代に長く幸せに働き続けていくためのヒントを聞いた。

若いころはさまざまなことに悩んだ

「右も左もわからないまま、気づけばアイドルになっていた」というのが、私のキャリアのスタート。高校を卒業してすぐにデビューしてからというもの、若いころはさまざまなことに悩みました。

実は私、デビュー前はアイドルよりも役者になりたかったんです。ですが当時の芸能界は、女性の場合まずはアイドルとしてデビューするのが一般的な時代。歌のお仕事もたくさんいただきましたが、なかなかうまくいかなくて……。

レコーディングスタジオの近くに東京タワーがあったんですが、側を車で通るたびにお腹が痛くなっていたことが懐かしいです(笑)。

自分を見失った20代は、「つらくて、光の見えない毎日だった」という(写真:Womantype編集部)

役者のお仕事をいただけるようになってからも、うまくいくことばかりではありませんでした。

監督が思い描く役のイメージに合わないことが多かったようで、次のお仕事につながらない、なんてことが20代後半はよくあったんです。

つらかったですね。当時は、「認められないのは、自分のこの童顔のせいだ。どうすれば他人から認められる年相応の顔になれるのか」とばかり思っていました。

役者として求められたい、役に見合うようになりたいという一心で、パーマをあてたり濃い化粧をしたり、ダークな服を着たりして、気づけば自分らしさを失っていく……。そんな20代を過ごしました。

次ページ転機が訪れたのは
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT