集中力を「最大限に発揮」できる時間の区切り方

人間は「集中できなくて当たり前」工夫が必要

画像:『マンガでわかる! 気分よく・スイスイ・いい方向へ「自分を動かす」技術』より  
「いつも上機嫌でいたいのに、イライラしてしまう」「勉強や仕事をしたくてもサボってしまう」「ダイエットしたいのに食べてしまう」――。
人間は思った通りの行動をなかなかできないもの。
しかし、精神科医でTwitterのフォロワーは30万人超えのゆうきゆう氏によると「人生というゲームをラクに生き抜くために、最重要かつ最初に得るべき力は『自制力』だ」といいます。
新書『マンガでわかる! 気分よく・スイスイ・いい方向へ「自分を動かす」技術』では、この「自制力」の具体的な身に付け方が紹介されています。
本稿では、同書より一部を抜粋しお届けします。

人間は集中できなくて当然!

人間も、今でこそ文明を築き地球の王であるかのように振る舞っていますが、私たちの先祖はちょっとサルが進化して二足歩行した程度の弱い生き物です。敵に襲われたら、ひとたまりもありません。他の動物と同じく、常に敵を警戒する必要がありました。

だからこそ、人間は「1つのことに長時間集中できない」ようにできています。

それこそ「人が究極的に集中力を出せるのは2秒が限界」という意見もあるくらいです。

ですから、あなたが「集中力が続かない……!」なんてことをそこまで気に病む必要はありません。まず、「集中できなくて当たり前」と認めてしまいましょう。そして、「だからこそ、何かしらの工夫が必要」と考えるのです。

集中力を保ち、最後までやり抜く力を高めるための心理学的な方法や考え方をいくつかご紹介していきます。自分に合った方法、もしくは、その日の気分にマッチした方法を見つけて下さい。
 手を替え品を替え、上手に自分を操り、何事もゴールを目指していきましょう!

次ページ集中力が高まる「チクタク・テクニック」とは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT