住宅価格上昇と住宅ローン、「金利リスク」に不安

「家計支払い能力」から住宅価格を検証してみた

マンション購入はコロナ禍でも衰えない(撮影:尾形文繁)

コロナ危機への対応として行った金融緩和を背景に、複数の先進国で住宅価格が上昇している。ワクチンの普及が進み、経済活動の再開が期待される中、住宅価格が前年比で2桁の上昇となっているアメリカやカナダでは、金融政策を緩和から引き締め方向にシフトさせ始めた。

この連載の過去記事はこちら

日本でも、2020年10月の不動研住宅価格指数(首都圏総合)が前年同月比プラス3.36%となった後、上昇が続き直近の2021年5月も同プラス5.58%と、ファンダメンタルズに比較して価格上昇率が大きい。

マンション価格の高騰が続いている

特に首都圏のマンション価格の高騰が注目される。背景には低金利環境の下で住宅ローンを組みやすいことや、夫婦ともに正社員で世帯年収が1000万円を超える「パワーカップル」が増えていることなどがよく挙げられる。コロナ危機前にホテルとの土地の「争奪」が起きた結果として、マンションの供給が減っていることもあるようだ。

今回のコラムでは、日本の家計の可処分所得の状況や住宅ローン金利の観点から「支払い能力」を指数化し、住宅価格がバブルといえるのか否かを検証した。

次ページ「住宅取得能力指数」で測ってみる
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT