「アフリカの近未来」を日本人が予測できる理由

公団住宅、家電、外食、ファッション、海外旅行

1人当たりGDPが1万ドルを超えると新しい消費文化が生まれる(写真: andriikobryn/PIXTA)
アフリカが、かつて日本や中国、インドが歩んできた道を、加速度をつけて突き進んでいます。今回も、『超加速経済アフリカ』を上梓した、アジア・アフリカのスペシャリストの椿進氏が、教科書では学べない、テレビや新聞にも書かれていない、アフリカのいまについて解説する。

アフリカの多くの地域は日本の1970年代に近い

アフリカの今を、ファクトフルネスで理解していただくために、今回も、問題から始めたいと思います。

今回は少し趣向を変えて日本についての問題です。

問1 1人当たりGDPが1000ドルを超えたときに日本で起きたことは?
① 多摩ニュータウン開発
② 自動車普及率50%
③ 上水道普及率80%

問2 1人当たりGDPが3000ドルを超えたときに日本で起きたことは?
① 日本マクドナルド1号店オープン
② 中央自動車道全線開通
③ 海外旅行者100 万人

問3 1人当たりGDPが1万ドルを超えたときに日本で起きたことは?
① 東京ディズニーランド開業
② ダイエー戸塚店オープン(首都圏最大)
③ 新東京国際空港(成田)開港

*答えは、この記事の最後に掲載しています。

MMR(Maternal Mortality Ratio)というデータがあります。出生数10万人に対する年間の妊産婦死亡数です。ケニアのデータを見てみると、ほぼ100年前の日本と同じ水準です。

『超加速経済アフリカ』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

2017年で世界平均は211人、ケニアが342人、OECDで14人、日本が2〜3人。日本は、MMRは世界的に最低水準です。しかし、日本も350人くらいの時代があったのです。それが約100年前です。

最大の要因は、妊婦さんが病院ではなく、自宅で出産するケースが多いことです。ここで出血多量などになってしまったら、間に合わない。もちろん、衛生環境、栄養状態の違いもあります。死因の半数は出産時における出血多量だと言われています。輸血が間に合わないのです。

血液バンクのような輸血の仕組みがない。そこで、「友達でA型の人を4人連れてきなさい」なんて言うと、1人がエイズで、2人がマラリア、なんてこともあるそうです。冗談ではなく、本当に農村部では、今でもある話です。そしてこれは、日本も乗り越えてきた道でもあります。

次ページ同様のことが水道の普及でも
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT