ディズニー「名作アニメの差別描写」に悩む理由

ついに「ディズニーランド」にまで影響が出た

あのディズニーが直面した「人種差別表現」の壁とは?(写真:Francois LE DIASCORN /Getty Images)
映画やドラマが制作された国以外で配信される今、制作当初は想定していなかったことで批判されることが増えてきた。

9月9日、ネットフリックスで配信が開始されると、世界中から多くの批判の声が上がったフランス映画『キューティーズ!』。今年2月に開催されたサンダンス映画祭では、ワールド・シネマ・ドラマ部門で監督賞に輝き、満を持してのネットフリックスでの世界配信だった。

当記事は「ニューズウィーク日本版」(CCCメディアハウス)からの転載記事です。元記事はこちら

ところが、蓋を開けてみると小学生の女の子たちが性的なダンスを踊るシーンが多く、さらにネットフリックスが制作したプロモーション・ビジュアルも、元のポスターよりセクシーさを強調した部分が問題となり、世界中から抗議が殺到する事態となった。

さらに、ポーランド発ロマンス映画として6月に配信開始された『愛は、365の日々で』は、配信直後から「拉致監禁の美化」と世界から非難が集中した。

自身も強姦、そして監禁の被害者であるイギリス人歌手ダフィーは、ネットフリックスCEOであるリード・ヘイスティングスへ直接手紙を書き、これ以上性的搾取の美化をしないよう訴えて話題となった。

このように、ネットフリックスやアマゾンプラムビデオなどのOTT(動画配信サービス)を通じて世界中に作品が配信されることで、表現について新たに考えさせられる事例が急増している。

誰もが知る名作にも差別表現が

今月、ウォルト・ディズニー・カンパニーは、自社のサブスクリプション動画配信サービスであるディズニープラスで、過去の名作アニメ6作品に有色人種に対する差別的表現があるとし、人種差別表現があることを告げるメッセージを表示することにした。

6作品とは、『ダンボ』(1941)『ピーター・パン』(1953)『わんわん物語』(1955)『スイスファミリーロビンソン』(1960)『ジャングル・ブック』(1967)『おしゃれキャット』(1970)で、いずれも1970年以前に制作されたアニメーションである。

いずれも、特定の人種の特徴をむやみに誇張し、ステレオタイプで差別的な表現をしている箇所がある。例えば、『おしゃれキャット』では、アジア人を彷彿とさせる猫が箸でピアノを弾いている。また、『ジャングル・ブック』のオラウータンのキャラクター、キング・ルーイはアフリカ系アメリカ人のアクセントで喋っていて、典型的な黒人ステレオタイプ表現である。

次ページ戦争の影響で日本人差別も
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT