トヨタ「GRヤリス」でワインディングを攻め倒す! 4WDターボの走りをターザン山田がぶった斬る!

印刷
A
A
雪道やダートも4WDの性能が体感できるシーンだろう(東洋経済オンライン編集部撮影)

:レーシングドライバーとして、峠でアタックするときにクルマに求める要素がある。ひとつ目は、パワーがあり、低中速トルクがあり、レスポンスに優れた柔軟なエンジン特性。ふたつ目は、狭く、荒れた路面状態に対応した4WD特性と前後デフのバランス、サスペンションのバランスとサスペンションストロークだ。

それは、WRCというモータースポーツでも絶対必要な要素だけど、GRヤリスからできのよさを感じられた。ただ、これだけ最高なのに少し物足りなく感じさせられることがある。272馬力というパワーでは、安定しすぎて何も起こらない。よく言えば圧倒的な安定感だけど、1000psのモンスターチューンドも乗りこなしてきた俺から言わせれば物足りない(笑)。だから300馬力や400馬力以上あるGRヤリスに乗ってみたいというのが本音かな。

やっぱりパワーがほしい!今後のチューニングに期待!

峠を走るGRヤリス(東洋経済オンライン編集部撮影)

:助手席から見ていてもオンザレール感がすごくて、峠なのに破綻するようなシーンもゼロでしたね!たしかにもっとパワーがほしいという気持ち、すごくわかります。それにGRヤリスのエンジンは、ブースト圧を上げれば400psが狙える潜在能力を持っているみたいですよね。スーパー耐久で走ったレーシングカーや、チューニングカーでも400psくらいのクルマはありますよね。ただ、ブーストアップのために必要不可欠なコンピューターチューニングが大変みたいですが(汗)。

:だからこそ、日本はもちろん世界中のチューニングショップやメーカーに頑張ってもらいたいよね。カスタマイズしたGRヤリスを走らせるのが本当に楽しみ!チューニングカーに乗り続けてきた身としては、やっぱりパワーが物足りない(笑)。今回装着されていたフジツボ製マフラー、クスコ製サスペンション、ウィンマックス製ブレーキパッド、ブリッド製バケットシート、ヨコハマ製タイヤ&アルミホイールで、すごくかっこよく、性能も向上していると思う。また、MKカシヤマ&ウィンマックスのデザインが施されたカラーリングもかっこいいよね!その先にある本当のチューニングカーが現れるのを期待しちゃうよね!

:ということで、今回は高速道路&峠での試乗インプレッションをお届けした。次回は、サーキットでの限界性能を探る!ちなみにターザン山田氏は、この試乗インプレッション企画のあと、さまざまなチューニングメーカー&ショップのGRヤリスにも乗る機会があったそうで、そのあたりも含めてサーキット性能に加え、チューニングの可能性や方向性も執筆してもらう予定だ。

次回はサーキットでのGRヤリスの試乗インプレッションをお届けするので、乞うご期待!(東洋経済オンライン編集部撮影)
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT