トヨタ「GRヤリス」でワインディングを攻め倒す! 4WDターボの走りをターザン山田がぶった斬る!

印刷
A
A
峠道の走行シーン(東洋経済オンライン編集部撮影)

:なるほど。街乗りで4WDの恩恵を感じる場面は少ないということですね。まぁ、確かに街乗りでタイヤが空転するような場面もないですからね。では、峠道ではどうでしたか?

フジツボ製のスポーツマフラーを装着(東洋経済オンライン編集部撮影)

:そういうことだね。ただ、峠になると本領を発揮するよね。峠道に入り、エンジンを少し回してシフトアップさせると、272馬力というパワーが数字だけじゃないことを体感できる!エンジン自体は7000rpmまでまわるけど、ギア比的に6500rpmシフトのほうがストレスなく、各ギアとのつながりがいいように感じたね。また、今回の車両はフジツボ製のスポーツマフラーに交換されていたので、高回転域でのパワー感はノーマルより向上しているように感じた。

直列3気筒1.6DOHC直噴ターボエンジンと、ボールベアリングタービンの組み合せは、パワーとレスポンスをバランスもよく、ドッカンターボエンジンではなく4WDを機能させるトルク感のあるターボ特性というのが印象だ。アクセルコントロールに対して4WDも応えてくれて、マシンコントロールが楽しい。また、コーナー出口で全開にしても挙動が乱れることなく、4WDの良さを引き出してくれる。

レスポンスがいいといってもNAエンジンのそれとは違う。アクセルを開けてブースト圧の立ち上がりの速さとボールベアリングらしい幅広いパワーバンドでマックスパワーだけを狙っていない。1.6リッター3気筒エンジンなのに、このパワーとトルク特性を実現させていることはすごいと思うね。

タイトなコーナーで最新4WDシステムが光る!

:峠といえば、コーナリング性能が気になりますよね!助手席では、まるでオンザレールというか、すごくスムーズで驚いたんですが、その評価は?

:峠でのコーナリング性能には驚かされた!今回試乗したのはRZで、ハイパフォーマンスではないけど、狭い峠でレーンをキープし、安定させながらアクセルをガンガン開けていける!何がそうさせているのかサッパリ解らない(笑)。今まで味わったことのないフィーリングで、当たり前だけどFRでもFFでもない(笑)。

次ページ4WDやサスペンションの性能は?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT