トヨタ「新型ヤリス」のデザインは何が売りか

躍動感あふれる姿形を個性として取り入れた

2020年2月ごろの発売を予定してるトヨタの新型ヤリス(筆者撮影)

1999年に発売以来、トヨタ自動車のコンパクトカーの代表格として親しまれてきた「ヴィッツ」が、車名を欧州と同じ「ヤリス」に改めて10月に発表された。発売は来年2月ごろになる見込みだが、それを前にサーキットでプロトタイプ試乗会が行われた。

筆者はこの場で、チーフエンジニアの末沢泰謙(やすのり)氏に話を聞くことができたので、その内容を交えながら新型ヤリスを紹介していく。

「ヴィッツ」を「ヤリス」に変えた理由

まず日本仕様をヴィッツからヤリスに名前を変えた理由について、同氏はこれまでネッツ店専売だったものを全販売チャンネルでの販売に切り替えることにちなみ、ネッツのヴィッツというイメージ払拭を図るとともに、幅広いユーザーに乗ってもらいたいという思いを込めたという。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

加えて2年前からヤリスが参戦するWRC(世界ラリー選手権)との関連も挙げていた。WRC用マシンは市販車とは異なる部分も多いが、実戦で得られたノウハウは現行ヴィッツにも反映していたそうで、新型ヤリスでもボディー構造などにWRCでの経験をフィードバックした。

WRCにおけるヤリスは昨年マニュファクチャラーズ(製造者)チャンピオンに輝き、今年はオィット・タナックがドライバーズチャンピオンを獲得している。これだけの活躍を示している車種が、「日本名ヴィッツ」と注釈をつけて紹介されるのはわかりにくい。

モデルチェンジに合わせてヤリスに改名することは、WRC参戦を始めた頃には決めていたそうだ。

次ページコンパクトカーにおけるヤリスの位置づけ
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。