SUBARU「新型レヴォーグ」進化する姿形の本質

東京モーターショーでプロトタイプを初公開

東京モーターショーで世界初公開された新型レヴォーグのプロトタイプ(筆者撮影)

第46回東京モーターショーで、SUBARUは新型レヴォーグのプロトタイプを出展した。プロトタイプと銘打っているものの、見た目は市販型と呼んでも違和感のない仕上がりであり、ほぼこのままの内容で来年、発売に移されるだろう。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

この新型レヴォーグ・プロトタイプのデザインについて、SUBARUでは現行インプレッサの登場以来、SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)とともに採用してきたデザインフィロソフィーである「ダイナミック×ソリッド」を深化させ、それぞれのクルマが持つ価値をより大胆に際立たせる新デザインコンセプト「BOLDER(大胆という意味)」を採用したとニュースリリースで伝えている。

VIZIVアドレナリンコンセプト(筆者撮影)

ちなみにこのBOLDERが初めて使われたのは、今年3月に開催されたジュネーブモーターショーで初公開され、東京モーターショーにも展示していた「VIZIVアドレナリンコンセプト」だ。

この表現から読み取れるのは、ドイツの自動車ブランドのように上から下まで全車種を同じデザインで統一していくのではなく、スウェーデンのボルボのようにブランドとしての統一感は保持しながら車種に見合った個性を与えていくという方針だ。

正常進化が目立つスバル車

加えて新型レヴォーグ・プロトタイプについては、「意のままにクルマをコントロールする愉しさ」「今まで経験したことのない新たなアクティビティに向かって大胆にチャレンジしてほしい」という気持ちをデザインに強く込めたとのことである。

現行インプレッサスポーツ(筆者撮影)

現行レヴォーグは、現在日本で販売されているスバル自社開発の乗用車の中ではデビューが2013年と、トヨタ自動車と共同開発したスポーツカー「BRZ」を除けば最も設計が古い。ダイナミック×ソリッドは、2015年の東京モーターショーでプロトタイプとしてお披露目され、翌年市販に移された現行「インプレッサ」で初めて導入されたので、レヴォーグはその前の世代の車種となる。

スバルブースのステージ中央に置かれた新型レヴォーグのプロトタイプを見て、旧型と似ているという感想を抱いた人は少なくないはずだ。ただしこれはレヴォーグに限った話ではなく、最近のスバルはインプレッサも「フォレスター」も、エクステリアデザインについては正常進化と言える。

次ページ現行レヴォーグとの共通点や違いは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT