SUBARU「新型レヴォーグ」進化する姿形の本質

東京モーターショーでプロトタイプを初公開

レヴォーグはもともと、大型化が進む「レガシィ」を受け入れられない日本のユーザーに向けて開発された。その後欧州などにも輸出しているが、新型もあくまで日本市場が基準にあるということだった。

横から見た新型レヴォーグのプロトタイプ(撮影:鈴木紳平)

残念なのはインテリアが披露されなかったことだ。2年前のVIZIVパフォーマンスコンセプトもそうだった。スバルは北米で先行発表している新型レガシィでは、センターに縦長の大きなディスプレイを配するなど、インテリアデザインでも革新を提案している。

このディスプレイはデンソーとカナダの通信機器メーカー、ブラックベリーが共同開発したもので、日本仕様に導入されるか現時点では不明だが、レガシィのみならずレヴォーグにも音声操作とセットで採用すれば、先進的なイメージをアピールできる装備になるはずだ。

1.8リッター水平対向4気筒ターボを搭載

技術面では前述したように、インプレッサやフォレスターに先行採用している新世代プラットフォームをレヴォーグで初めて導入し、エンジンも新世代の1.8リッター水平対向4気筒ターボになるという。

現行型は1.6リッターと2リッターのいずれもターボ付きが用意されるが、多くのユーザーは1.6リッターを選んだといい、もう少し低回転のトルクがあればという声が多かったということもあり、排気量拡大に踏み切ったようだ。

新型レヴォーグのプロトタイプ。エアインテークは引き続き採用される(撮影:鈴木紳平)

引き続きターボを採用するために、フロントフードにはエアインテークが用意される。これについては賛否両論だが、ステージの下から撮影した写真では強調されているものの、開口部は現行型より薄くなっているという。

レヴォーグはスポーティーな走りに惹かれて購入するユーザーが多い。この傾向はXVやフォレスターとは異なるものだ。それを考えれば、SUBARUがダイナミック×ソリッドというフィロソフィーの中で多様性を打ち出していく方向を取り、レヴォーグについては大胆な方向に振った造形は納得できるものである。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT