トヨタ「新型ヤリス」のデザインは何が売りか

躍動感あふれる姿形を個性として取り入れた

トヨタはこのクラスに多くのコンパクトカーを持つ。その中でヤリスはどんな位置づけなのかも聞いていた。ヤリスは日本と欧州をメインマーケットとするBセグメントの車種になるという答えだった。

さらに小さなAセグメントには、欧州ではグループPSAと共同開発生産する「アイゴ」があり、日本ではダイハツ工業が生産する「パッソ」がある。北米向けBセグメントは「アクア」が「プリウスC」としてラインナップしており、新興国向けには「エティオス」「アギア」などがある。

トヨタもPSAも、Aセグメントは低価格、Bセグメントは高品質というキャラクター分けをしていることは共通しており、欧州仕様の生産拠点はヤリスがフランス、アイゴがチェコと異なる。ただしこの面については、複数のブランドを用意したフォルクスワーゲンやルノーの例もある。

ダイハツやスズキとの関係を生かす

ちなみに現在のトヨタではカンパニー制を敷いているが、乗用車はコンパクトカー、ミッドサイズビークル、レクサスに分かれており、カローラから上のトヨタブランドをミッドサイズで一括しているのに対し、コンパクトカーの持ち駒が少ないように感じる。

これについては、コンパクトカーではダイハツやスズキとの関係を生かしながら開発を進めていくという意味も込めているという答えが返ってきた。

次ページスターレットからの流れを受け継ぐ車種
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。