トヨタ「新型ヤリス」のデザインは何が売りか

躍動感あふれる姿形を個性として取り入れた

トヨタはこのクラスに多くのコンパクトカーを持つ。その中でヤリスはどんな位置づけなのかも聞いていた。ヤリスは日本と欧州をメインマーケットとするBセグメントの車種になるという答えだった。

さらに小さなAセグメントには、欧州ではグループPSAと共同開発生産する「アイゴ」があり、日本ではダイハツ工業が生産する「パッソ」がある。北米向けBセグメントは「アクア」が「プリウスC」としてラインナップしており、新興国向けには「エティオス」「アギア」などがある。

トヨタもPSAも、Aセグメントは低価格、Bセグメントは高品質というキャラクター分けをしていることは共通しており、欧州仕様の生産拠点はヤリスがフランス、アイゴがチェコと異なる。ただしこの面については、複数のブランドを用意したフォルクスワーゲンやルノーの例もある。

ダイハツやスズキとの関係を生かす

ちなみに現在のトヨタではカンパニー制を敷いているが、乗用車はコンパクトカー、ミッドサイズビークル、レクサスに分かれており、カローラから上のトヨタブランドをミッドサイズで一括しているのに対し、コンパクトカーの持ち駒が少ないように感じる。

これについては、コンパクトカーではダイハツやスズキとの関係を生かしながら開発を進めていくという意味も込めているという答えが返ってきた。

次ページスターレットからの流れを受け継ぐ車種
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT