「アート」が行き詰まった社会の変革に必要な訳

国谷裕子×箭内道彦、東京藝大の秘密に迫る

“最後の秘境”東京藝大に「クローズアップ現代」のキャスターを23年務めた国谷裕子さんが斬り込む(写真:LEKSTOCK3D/PIXTA)
浮世離れした存在と思われがちな「芸術家」。しかし、クリエイティブディレクター・箭内道彦さん(東京藝術大学美術学部デザイン科教授)は「実はアートこそが立ち行かなくなった現状を打破する鍵を握っている」と語る。今の社会でアートができることとは何か。その役割と可能性とは?
23年にわたりNHK「クローズアップ現代」のキャスターを務めた国谷裕子さんが、“最後の秘境(?)” 東京藝術大学の12人の教授たちと語らい、「芸術=アート」を窓として現代の日本社会を覗き込む企画「国谷裕子のクローズアップ藝大」を書籍化した『クローズアップ藝大』から対談内容を一部抜粋、再構成し、全3回配信でお届けする。

あの「クローズアップ現代」の国谷裕子が藝大に

箭内 道彦(以下、箭内):NHKの「クローズアップ現代」が23年の幕を閉じて、国谷さんはこれからどうするのかと思っていたら、「あっ、藝大にいた!」っていうのがすごくびっくりでした。そもそもなぜ藝大の理事になられたんでしょうか?

国谷 裕子(以下、国谷):ちょうど澤和樹先生が学長になられる時に私は「クローズアップ現代」を辞めて、いろんな学校、大学からもお声をかけていただきましたが、最初に声をかけていただいたのが藝大だったんです。なぜ声をかけられたのか不思議でした。

実は、あとでお話ししたら、澤先生が、藝大と社会をもっとつなげたいと。藝大が最後の秘境みたいに世の中と切り離されていてはサステイナブルではない、もっと社会と藝大の接点を増やしたいと思われていたらしくて。ずっと「クローズアップ現代」を見てくださっていて、なにか思われたのでしょうか、声をかけていただいた。

初めてご挨拶に行った時に、とても不思議なご縁があることがわかったんです。澤先生は和歌山ご出身で、私の母も和歌山出身。話をしていたら、「お母さまのお名前は」って聞かれて、「和中」っていいますって答えたら顔色が変わった。私の祖父の名前が和中金助というんですけれど、「僕の最初の後援会長でした」って。

箭内:えー、そうなんですね。

国谷:はい。祖父が後援会長。それはまったくご本人も知らないで声をかけてくださって。とてもご縁を感じたというのと、それに藝大にはあこがれがありました。私もアメリカの大学でシルクスクリーンなど、いくつかアートの単位を取りました。でも、芸術家の方々は近寄りがたいものがあると思え、東京藝術大学は遠い存在。一方で、「クローズアップ現代」をやっていて、イノベーションや素晴らしい発想など、さまざまな意味で人を結びつけるアートの力をもっと活用しなければいけないということは以前から思っていました。

それで、あこがれのところから声をかけていただいたならやるしかない、むしろやってみたいと思いました。素晴らしい先生方がいらっしゃるだろう、人との出会いも楽しみで、そういう場にちょっとでも接点を持てたら学ぶことも多いし、もしお役に立つのならと思いました。

次ページ「あこがれの」という部分がなくなってきている
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT