現代アートをケタ違いに集めた男が達した境地

2000点超保有の精神科医・高橋龍太郎の収集哲学

日本人作家の現代アートを中心に、2000点以上の作品を所有する精神科医の高橋龍太郎氏(撮影:今井 康一)
『週刊東洋経済』は2月15日発売号で「アートとお金」を特集。新型コロナによる緩和マネーの流入で活況を呈する現代アート市場に加え、アート投資の方法、コロナで苦境に立たされる美術館の経営などに迫っている。
7兆円ある世界のアート市場の中で、日本の比率は数%と小さい。昨今は40代前後の若いアートコレクターが増加しているが、そもそも日本は、「コレクターに優しい国」とは言いがたい。「相続や美術館への寄付時に税制優遇が希薄」「保管が難しい」といった問題もあり、コレクターの数も規模も欧米や中華圏に比べて圧倒的に劣っている。
そのような日本で一大コレクターとして知られる人物は、どのような志と情熱をもってアートを買ってきたのだろうか。
草間彌生や会田誠など、2000点超の作品を所有する国内有数の現代アートコレクター、精神科医の高橋龍太郎氏に聞いた。
この記事の画像を見る(3枚)

作家になれなくても作品を買ってアートに関わる

――何がきっかけで、現代アートを買い始めたのですか。

僕にとって、アートをコレクションするのは「見果てぬ夢の成れの果て」のような部分があります。もともと僕は映像作家になりたかった。そこで、父の勧めで入学した慶応大学医学部を中退し、アート界隈に出入りしていました。全共闘運動が活発だった1960年代当時、アメリカ・ニューヨークで奮闘する草間彌生は、まるで時代の女神のような存在でした。ただ、僕には作家としての才能がなかった。そこで再び医師を目指すことにし、アートから遠ざかりました。

本格的に作品を買うようになったのは、40代後半で自分のクリニックを持って経営が軌道に乗ってきた1990年代半ばのことです。やっぱり、自分にとってはアートの近くにいるのがいちばん気持ちいい。作家になれなくても、作品を買うことでアートに関わることはできる。そこで美術大学の卒業展やギャラリーに出入りし、美術館に収蔵される前段階の、僕だけの絵画や彫刻を探すようになりました。これが僕のコレクター人生の始まりです。

『週刊東洋経済』2月15日発売号の特集は「アートとお金」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

――高橋コレクションには、日本人の現代アート作家が複数います。コレクションに加えるか否かは、どういう基準で決めているのでしょう?

僕が直感的に惹かれる作品を買うのが基本です。強いていえば、いわゆる「画壇」といわれる、先輩と似通った作品を繰り返し描くようなマンネリズムとは決別し、1人ひとりが自己主張している作家に興味を惹かれる傾向にあります。

コレクションを始めた1990年代後半は、観念的な現代アートの時代が終わって、日本の伝統的な美術や、アニメや漫画などの大衆的なカルチャーを引用した作品があふれていました。僕にとってはとっつきやすかった。

次ページ印象的な作品は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT