長安汽車の子会社「社名変更」にファーウェイの影

車載電池CATLとも連携し新ブランド立ち上げへ

極狐 阿爾法S(アークフォックス アルファーS)HIバージョン(写真はアークフォックスのウェブサイトより)

中国の国有中堅自動車メーカーの長安汽車は5月20日、子会社の長安蔚来新能源汽車科技の社名を「阿維塔科技(アバター・テクノロジー)」に変更することを発表した。

長安汽車はアバター・テクノロジーに独自の経営戦略をとる裁量権を与え、中国の通信大手の華為技術(ファーウェイ)や車載電池最大手の寧徳時代新能源科技(CATL)との提携により、スマートコネクテッドカー(訳注:人工知能(AI)や通信技術を用いてインターネットに常時接続し、高度な自動運転を可能とする自動車)を開発する計画だ。

長安汽車は2020年11月、ファーウェイやCATLと共同で、ハイエンドのスマートコネクテッドカーの新ブランドを立ち上げると宣言していた。今回の社名変更は、3社の提携が新たな局面に進んだことを意味している。アバター・テクノロジーは、新ブランドの名称などの詳細については追って発表するとしている。

自動車業界では、この提携におけるファーウェイの果たす役割が注目されている。財新記者がファーウェイに問い合わせたところ「長安汽車とはあくまでも技術面での提携であり、ファーウェイは部品のサプライヤーにすぎない。いつ『HIバージョン』を発表するか、それは長安汽車が決めることだ」とのコメントを得た。

長安汽車のほかにも車領域でさまざま提携

HIは「Huawei Inside(ファーウェイ・インサイド)」の略称だ。関係者によれば、自動運転システムを含むファーウェイの自動車向けソリューションをフルセットで搭載した車両のみが「HIバージョン」を名乗ることを認められるという。

長安汽車のほかにも、ファーウェイは国有自動車大手の北京汽車集団や、広州汽車集団とHIバージョンの提携を進めている。北京汽車集団傘下のEVメーカーである北汽新能源汽車は4月17日、新型EV(電気自動車)の「極狐 阿爾法S(アークフォックス アルファーS)HIバージョン」を発表した。2021年末にはデリバリーを開始する予定だ(詳細は、「遂に発表!ファーウェイ系「自動運転車」の全貌」を参照)。

本記事は「財新」の提供記事です

ファーウェイと自動車メーカーの提携方式にはHIバージョンのほか、「華為智選(ファーウェイ・スマートセレクション)」という方式もある。ファーウェイは4月19日、中国の中堅商用車メーカー「小康工業集団」のEV子会社が製造する「賽力斯(セレス)SF5 華為智選」を、ファーウェイ製品の専売店で販売し始めた。(セレス SF5 華為智選の詳細については、「ファーウェイとコラボEV、2日で3000台の衝撃」を参照)

「華為智選」方式の提携は、現時点ではセレスのみだ。将来的にファーウェイがHIと華為智選を一本化するかどうかは明確にされていない。

(財新記者:安麗敏)
※原文の配信は5月21日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT