ガザ地区の高層ビルが攻撃対象にされる理由 高層ビルを生活の場とするガザ地区住民の気持ち

拡大
縮小
イスラエルの攻撃で破壊された高層マンションを見つめるガザ市民(写真・2021 Bloomberg Finance LP)

イスラエルとパレスチナが衝突して、2021年5月21日の停戦合意までの11日間に多くの犠牲者が出た。まずは亡くなった方々のご冥福を祈り、負傷された方々の一日も早い快復を祈るとともに、このような痛ましい事態が二度と繰り返されないことを願ってやまない。

ガザはこれまで4回も攻撃されてきたが、今回は特に激しかったので心配をしていた。ガザ地区では2021年5月15日、AP通信やアルジャジーラなど多くの報道機関が入居していた高層ビルが攻撃された。BBCの生中継中に、記者の背後でイスラエル軍が攻撃して、倒壊する映像は世界に流れ話題になった。

ここであらためて、なぜイスラエル軍はガザの高層ビルやタワーマンションを軍事目標として定めて攻撃するのかについて、ガザの人々の思いと合わせてお伝えしたいと思う。

高層ビルは小さい街のかっこいいシンボル

ガザというのは小さな小さな街だ。この街は起伏のない平らな土地に成り立ち、山も丘も谷もない。街の中を流れる川もなければ、湖もない。総面積360キロ平方メートル、日本で言えば、福岡市ほどの場所に205万人以上もの人が住んでいる。世界で最も人口密度が高い街だ。ガザの高層ビルというのは、多くの人や機能を少ない専有面積で効率よく収容した、街のシンボルのようなかっこいい場所だった。

所狭しと建物が立ち並んでいるこの街には、公園すらない。庭のある家もない。パレスチナは自然豊かな国だが、ガザで暮らすかぎり、風が木の葉をさわさわとそよがせる音を聞くとか、花笑みの季節を楽しむなどということとは無縁だ。

この小さな街には飛行場も港も何もない。安全な水も電気もない。この街で暮らす住民には、利便性のよさを求める、あるいは娯楽施設といった人生を快適にさせるものが何もないのだ。

次ページ高層ビルとガザ住民の一般生活
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT