ついに上場申請、LINEが描く野望

日米同時上場に照準、成長路線に死角はないのか

普及度合いでは強敵ワッツアップの後塵を拝するLINEだが、収益源の多様化では先を走る。14年1~3月期のLINE事業の売上高は前年同期比3.2倍の146億円に拡大。13年の実績では、6割を『LINE POP』などのゲーム課金、2割をスタンプ販売、2割を企業公式アカウントや企業キャラクターなどを使ったスポンサードスタンプなどの広告収入が占めた。一方で、「売り上げ規模はまだ小さく、ゲーム依存度が高いのも懸念材料。どこまで安定して成長できるかは未知数だ」(大手証券会社アナリスト)との評価もある。だが、世界でスマホユーザーがまだ増えつつある現段階で何より重要なのは、ユーザー獲得合戦における勝利だろう。

強みを持続できるのか

今後も加速度的な成長を続けられるか(撮影:吉野純治)

上場を実現することで認知度を高めたり、資金調達の手段が増すなど複数のメリットがある。ただ、懸念がまったくないわけでもない。

現在、韓国ポータルサイト最大手ネイバーの100%子会社だが、4月の東洋経済の取材で舛田淳上級執行役員は「日本で決められないことは何もない」と、機動的な意志決定ができる強みを語っていた。さらに舛田氏は「ネイバーが100%の資本を持つからこそ、迅速な判断ができた。いろいろな資本が入っていたら、『3カ月以上先のことは考えない』とは言えない」とも話していた。

要は、親子関係の中でこそ“放任”が実現できていたといえる。一方、上場によってステークホルダーが増加し、監視の目も増える。そうした中、従来通りのスピード感で経営戦略を実践できるのかがポイントだろう。いずれにしても、「世界ナンバーワンのモバイルサービスになる」(LINEの出澤剛COO)という野望に向け、日米での上場が大きなカギを握っている。          

(LINEの詳細は週刊東洋経済2014年4月26日号の巻頭企画「LINEの死角」に掲載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT