ミクシィ森田社長、「10年は社長やります」

本業は「新しい価値」を生むこと

モンストは900万ダウンロードの大ヒットになった(撮影;梅谷秀司)

前編はこちら

 

山田:就任したばかりではありますが、森田さんはどのくらい社長を続けるつもりですか。新しいヒット事業が誕生して、「こいつのほうが向いてるな」となれば、「俺は引き続きモンストを担当するから、お前が社長をやれ」というように柔軟に交代していくのでしょうか。それとも5年、10年続けるつもりですか。

森田:僕としては、もちろん5年10年続けるつもりでいます。いまは再生フェーズが終わって、再成長フェーズに移る段階です。やはり僕は成長し続けたいと思っていますし、僕自身はやりきりたいという意識も強い。

山田:なるほど。10年となると、かなり先になりますね。

森田:そうですね。笠原がミクシィを始めてから今年で10年ですから。

山田:まずは目の前から一歩一歩進んでいく考え方と、ゴールを設定してそこを目指す考え方があると思いますが、どちらですか。

森田:たぶんゴールはないんでしょうね。ないと思いますけど、新しい価値を生み出し続けていく会社でありたい。そして、社員がミクシィの社員であることに喜びを持てる会社でありたいですね。

山田:「世界ナンバーワン事業を10個以上持つ」とか、「子会社を1000社持つ」などの目標があるほうが、勢いが付くのでは?

森田:僕自身はどちらかというと事業型なので、新しいサービスを出してユーザーに喜んでもらえば、結果として売り上げが付いてくると本当に思っているんですよ。だからとにかく新しいサービスをたくさん出したいという気持ちが強い。

オンラインとオフラインを繋ぐのが仕事

山田:新しいサービスとはいえ、ネット関連ですよね?

森田:当面はそこが主軸となると思います。ただその一方で、O2Oというか、インターネット発でオフラインの事業になるものもある。たとえば婚活サイトのyoubride(ユーブライド)などのつながりは本当にオフですよね。ミクシィも基本的にはオフ会があったりする。

僕らはなんというか、インターネットを使ってオフラインのつながりを作っていくのが好きなんでしょうね。モンストもそうです。僕らスタッフもフェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーションが好きな人たちが多いので、そういうサービスが一つ軸としてあると思います。

山田:オンとオフとをつなぐサービスが、これから一番伸びるところかもしれませんね。

森田:僕らはずっとそればっかりやっていた時期があったので(笑)、体に染みついているのかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT