捨てないで!「バナナの皮はおいしい」衝撃事実

イギリスの料理家が調理法を披露して話題に

イギリス人に衝撃を与えた「カリフラワーとバナナの皮のカレー」。これをきっかけにバナナの皮をめぐる論争が活発に(写真:The New York Times)

昨年11月、イギリスの料理本の著者で料理研究家のナイジェラ・ローソンが自身の料理本『Cook, Eat, Repeat』に掲載されているレシピの1つを、本と同じ題名のBBC番組で披露してみせた際、イギリス中に衝撃を与えた。

ロイヤル・ファミリー級のスキャンダルではなかった。だが、一般の反応を基準に見れば、彼女が大きな論争を巻き起こしたと思うのではないだろうか。

ゴミが一転、食材に

そしてこれは彼女が香り豊かな一品をカリフラワーと……バナナの皮で料理したからである。

「この件で新聞の見出しになるなんてまったく予測していませんでした!」と彼女はメールでの取材に答えた。「何が食べられて何が食べられないかについて、文化に根付く思い込みを覆し、これまでは習慣でゴミと見なされ捨てられてきた物を食べるのは難しい事です」。

数カ月前、別のイギリス料理番組を持つ人気芸能人で、料理本の著者であるナディヤ・フセインがロックダウン中、番組「Good Morning Britain」の料理コーナーに出演した。「皆バナナブレッドを焼いていますよね」と語り、生ごみが出るのを防ぐために野菜くずを用いる際に役立つコツを提案した。

「皮は捨てないでください。ニンニクと玉ねぎとバーベキューソースで料理して、バーガーに入れればプルド・ポークやプルド・チキンのようになります」

次ページバナナの皮が「注目食材」に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT