マンションは「ハード」でなく「ハート」で守れ

有志のマンション理事たちが叫ぶ"災害への備え"

汐入町会防災センターには、100人近いマンション管理の関係者が詰めかけた

7月12日土曜日の昼下がり。東京都荒川区の汐入公園内にある防災センターに、たくさんの人の姿があった。中をのぞいてみると、そこではマンションの防災に関する勉強会が開かれていた。

会場内は90名を超える人の熱気でむんむん。理事経験者や現役の理事、マンション管理会社の職員など、幅広い年代の人が出席していた。主催者は、首都圏を中心に約50マンションの理事会の役員経験者で構成される「RJC48」という団体だ。

東日本大震災をきっかけに防災の重要性は認識されているものの、「どこから手を付けてよいのかわからない」「具体的な防災訓練の手順はどうすればよいのか」と悩んでいる理事が多いようだ。ここで話し合われていた内容は、その解決策の糸口となるものだった。

超高層マンションの悩み

画像を拡大
中央区の超高層マンションでは、安全確認ステッカーの表示率が低かった

勉強会の第1部では、3人の理事から防災訓練の事例紹介があった。 

まず、地上58階建ての超高層マンション「ザ・トーキョー・タワーズ」(中央区勝どき、総戸数2794戸)から、今年3月に実施した防災訓練、安否確認の内容について説明があった。

防災イベントの当日は起揺車(強い揺れを体感することができる車)が出動したこともあり、600名もの住民が集まり全般に賑わったようだ。

ただ、震災が起きたことを想定し、マンションの各戸口に「安全確認ステッカー」の貼り出し訓練を行ったところ、その表示率はわずか30%でしかなかった。「防災対策本部と居住者の連携をどのようにしていくのか。また、どうすれば表示率を高めることができるか」と、同マンションの本瀬正和さんは今後の課題を口にした。

次ページ訓練でのリアリティにこだわる例も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT