「禁酒令」でもう極限、酒販店が上げる怨嗟の声

業界団体首脳「感染拡大は酒のせいではない!」

――例えば、回復が厳しい飲食店からスーパーなどに卸売り先を切り替えることは難しいのでしょうか。

榎本:それはできない。我々は中小規模の流通業者であり、小売りには国分グループ本社や三菱食品など、大手の中間流通業者がいる。理論的には入り込むことが可能でも、現実的には難しい。

佐々木:中間流通業者は(卸売り先との関係などで)歴史と伝統があり、昨日、今日でできる商売ではない。われわれのような業務用酒販店では、ある程度の企業規模がないと価格対応もできない。突然「飲食店が厳しいからスーパーに」と宗旨替えをしても、買ってくれる先がない。

家庭用ビールサーバー強化は「おかしい」

――これまで酒販店に支えられてきたメーカーから、何かしらの協力は?

佐々木:昨年は商品の返品を受け付けてもらった。5月の大型連休にリゾート施設が休業してしまい、あらかじめ納品していた商品の行き場に困っていた。そこで業酒連がメーカーに要望書を出したところ、返品を受けてくれた。

「おとなしくしていたら、死ななければならなくなる」と、危機感を募らせる業酒連の榎本会長(記者撮影)

榎本:ただこれには裏もある。メーカーは商品を廃棄しても酒税が還付され、全額損をするわけではない(編集部注:「蔵出し税」である酒税は、メーカーから出荷した際に課税される)。一方でわれわれ卸売りは、酒を捨てても税金は返ってこない。

――飲食店で生ビールを楽しめない中、メーカーは家庭用に生ビールサーバーを販売する動きを見せています。

榎本:あれはおかしい。流通を担う業者の多くが反対している。

1938年に酒販免許制度ができて以来、ずっと酒販店はビール会社の下請けを薄利で行い、全国津々浦々にビールを届けてきた。彼らがここまで(事業拡大して)きたのは、われわれが下請けをしてきたからだ。それなのに、(酒販店の苦境下で)中間流通を飛ばす商品を拡充させるのは納得しがたい。

株主だけでなく、これまで商品を届けてきたわれわれも、彼らのステークホルダーだ。行政だけでなくメーカーにも、もっと惻隠(そくいん)の情をもってもらいたい。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT