目利き力が磨かれる「アートの題名」4択クイズ

アート思考とイノベーションの関係

(写真:cba/PIXTA)
今の時代、私たちは仕事や日常生活のあらゆる場面で「正解のない」事態にたびたび直面します。そんな状況にどのようにして向き合い、乗り越えていけばいいのか、そのヒントをアートは示唆してくれます。
新著『ぐんぐん正解がわからなくなる! アート思考ドリル』では、12のドリルを通して、アート思考の世界を体験することができます。
本稿では、同書より一部を抜粋・編集しお届けします。

アートと「題名」

問題:こちらは3枚一組の作品です。この作品の題名を以下から選びましょう

無許可転載・転用を禁止 ※正式な作品クレジットは記事末尾参照
(ア)受根と孵芽と胎花
(イ)good night, good day
(ウ)間座
(エ)楽園の家族

(選択したら下へ進んでください)

アート作品にはだいたい題名がついています。

美術館に行くと、作品の近くに作者と題名が記載されたプレートが掲示してあることがありますよね。作品を見て「よくわかんないな……」と思うと、多くの人がとりあえず題名を確認しに行きます。そして題名を見るとなんとなく満足し、わかったような気になって次の作品に進んでいくのです。

果物の静物画のように、具体的にモノが描かれている作品ならまだいいのですが、最近のアートは何が表現されているのかさっぱりわからないことも多いので、何かヒントが欲しくなる気持ちはよくわかります。

ところで、美術館などに展示されている作品の題名には、実は、

(1)作者がつけた題名
(2)誰かがつけた題名

の2種類があります。

アート作品の題名はすべて(1)の作者がつけたものだと思っている人もいるかもしれませんが、実は(2)の誰かがつけたものも割と多いのです。たとえば有名な『ミロのヴィーナス』も実は作者がつけた題名ではありません。

次ページでは誰がどうやってつけた?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT