「音がうるさい」クレーム寄せる隣人への対処術

まずは誠意を持って受け止めて音源を特定

「床衝撃音」を防ぐ方法のひとつとして、上下階を仕切るコンクリートにもうひとつ床をつくる二重床をすすめられることがあります。もともとあるコンクリート(スラブといいます)から脚を立ち上げ、その上に合板などを敷いて床材を貼り、床を二重にするやり方です。

「二重床」にすれば、躯体であるコンクリート=下の階の天井に、直接衝撃を伝えないので、「軽量床衝撃音」には効果があります。

『マンションの「音のトラブル」を解決する本』(あさ出版)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

同じ理屈で「重量床衝撃音」にも一定程度の効果はあるのですが、必ずしも救世主になるわけではありません。というのも、床材とコンクリートの間の脚部や空間で音が共振し、太鼓のように響いてしまうことがあるからです。

この場合は、わりと低音(周波数が低い)で発生することが多いのですが、そうすると、もともと低音が問題となっている「重量床衝撃音」に、さらに低音が加わって、逆に、大きくなってしまうことが多いのです。

床材の構造や材料によって性能が異なりますので、一概にはいえませんが、二重床は多くの製品でこの傾向がみられます。

もし二重床にするなら

この問題はかなり専門的になりますので、ここでは省きますが、もし二重床にするのなら、JIS規格で表示された製品を選ぶことをおすすめします。

JISは日本産業規格といい、床材に対しては「JIS A 1440-1,-2」があります。少なくともこれらの規格による測定結果が書かれたカタログを見て、製品を選ぶようにしてください。

いずれにせよ、二重床は床や脚部などが共振する影響が出るので、お金をかけて二重床にしてみたところで、「重量床衝撃音」に関しては、思ったほど効果は期待できないことが多いと認識しておいてほしいと思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT