「音がうるさい」クレーム寄せる隣人への対処術

まずは誠意を持って受け止めて音源を特定

もし音のクレームを寄せられたらどう対応すればいいのでしょうか(写真:yamasan/PIXTA)
働き方改革やコロナの影響でリモートワークが推奨されるようになりました。家にいる時間が長くなると、いやでも近所の人たちとの関わりが増えてきます。他住戸から「音がうるさい」とクレームを言われたら、どうしたらいいのでしょう。
企業の技術顧問も務め、音の紛争事例にも詳しい、日本大学名誉教授・一級建築士の井上勝夫氏がまとめた『マンションの「音のトラブル」を解決する本』から、トラブルになりやすい音の防止法やクレームを言われたときの対応方法を具体的に紹介します。

他の住戸からクレームがきたらどうする?

まずいちばん大切なことをお伝えします。マンションに住んでいれば、いつなんどき他の住戸からクレームを言われないとも限りません。人が生活している以上、生活音はつきものなので、誰でも音の加害者になる可能性はあるのです。

クレームがきたとき、最初にするのは音源の特定です。クレームはたいてい「お宅の音がうるさいんですけど」といったあいまいな表現でくるケースが多いでしょう。ですから最初にはっきりさせるのは、

  • ・どんな音?(「カン」とか「ボン」とか「ブーン」といった音の種類)
  •  ・いつごろ?(朝か、昼か、夜か、何時ごろか)
  •  ・どこから?(リビングか、廊下か、お風呂場か、寝室か)

などの項目について、どのように聞こえるのか、できるだけ具体的に聞いてください。具体的であればあるほど、自身の生活パターンと照らし合わせて、音源の特定がしやすくなります。クレームがきたら、「まずは相手の言い分を誠意を持って受け止める → 次に音の出どころをつきとめる」という順番になると思います。

冷蔵庫のコンプレッサーや洗濯機の稼働音などの低周波の音、ドアやふすま、カーテンの開け閉めのクレームも多いのですが、とくにやっかいなのは上階から下階に響く「床衝撃音」に対する苦情です。マンションでもっともトラブルになりやすく解決が長引くのも、この「床衝撃音」が多いのです。

私が関わっている(公財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターの電話相談でも、いちばん多い苦情の原因は子どもの足音などの「重量床衝撃音」です。

次ページ子どもが飛び跳ねる音にはどう対処?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT