「音がうるさい」クレーム寄せる隣人への対処術

まずは誠意を持って受け止めて音源を特定

「床衝撃音」の中でも、硬くて軽いものを床に落とす「軽量床衝撃音」のほうは、比較的軽減しやすいでしょう。衝撃がコンクリートまで響くほどの大きな衝撃ではないので、表面の床材によって音のエネルギーを吸収できるからです。

衝撃が加わる箇所にカーペットや部分敷きマットを敷いたり、衝撃をやわらげる効果のある床材に替えると、音の発生が軽減されます。フローリングにするときは、床材の遮音性能が「LL-40」か「LL-45」と示されているものを選ぶようにしましょう。

「重量床衝撃音」対策のポイント

一方「重量床衝撃音」は、重く柔らかいものが落ちるので、床材だけではエネルギーが吸収できません。ふとんやマットのような厚みのあるものを敷けば、衝撃はかなり吸収できますが、部屋中にマットを敷くのは現実的ではありません。

少し難しい話をしますと、床材によって音を防ぎたいのなら、床材自体が「衝撃音」を出す「音源」より柔らかい材料にする必要があります。人の歩行や飛び跳ねが「音源」となると、人の足より柔らかな材料が必要なのです。

また子どもが飛び跳ねたりすると、体重の10倍以上の力が発生しますので、それによってつぶされない柔らかさを維持できる床材が必要です。しかし、そんな床材はほとんどありません。ですから、「重量床衝撃音」に対する対策を床材で行うのはかなり難しいことになります。

古くから利用されている「畳」は「軽量床衝撃音」に対しては、衝撃をやわらげる効果がかなり得られ、優れた床材といえますが、「重量床衝撃音」に対しては、あまり効果が期待できません。とくに近年用いられている発泡材を裏打ちした「スタイロ畳」などはほとんど効果はないとみたほうがいいでしょう。

「重量床衝撃音」を根本的に解決するには、床材では難しく、どうしても解決したければ、床のコンクリートの厚さ(スラブ厚)を厚くし、振動しにくい床にするしかありません。

コンクリートが厚ければ厚いほど、床は重くなりますので、その分、衝撃時の振動は少なくなり、下の階に響く音は軽減されます。しかし、現実問題として、すでに建物ができあがっている場合は、躯体に手を加えるのは無理でしょう。

次ページ自分の住まい方をふり返る
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT