坂本龍馬が岩崎弥太郎に強引に金をせびった訳

教科書ではわからない幕末の志士たちの懐事情

坂本龍馬と岩崎弥太郎の意外な関係とは?(写真:0036/PIXTA)
なぜ坂本龍馬は三菱財閥の創業者となる岩崎弥太郎から、強引に金をせびったのか? 土佐の名士たちの意外なエピソードを、元国税調査官で、作家の大村大次郎氏による新刊『龍馬のマネー戦略 教科書では絶対に教えない幕末維新の真実』より一部抜粋・再構成してお届けする。

海援隊は、龍馬のつくった「私設艦隊」として、中学校の歴史の教科書にも載っている。が、私設艦隊と言われても、普通の人はそう簡単にピンとはこないはずである。

「私設艦隊というけれど、艦隊が私設でつくれるものなのか?」「その金はどうやって捻出したのか?」「なんのために私設艦隊をつくったのか?」など、疑問符が次々とつくはずだ。

「海援隊」とはどんな組織か?

さて、この海援隊とは、いったいなんなのか? 海援隊というのは、簡単に言えば「龍馬ら隊士たちは、平時は船団を率いて貿易業などをおこない、戦争になれば海軍となり土佐藩を助ける」「土佐藩は、隊士たちに給料を払ったり、船を提供したりするなどの便宜を図る」というものである。

ただ、ここで注目していただきたいのが、海援隊士たちはあくまで「浪人」だったということである。土佐藩に藩士として取り込まれたわけではないのだ。

土佐藩としては海援隊全員を藩士にするかどうかはともかく、龍馬に対しては藩士になってほしいという考えがあったはずだ。しかし、龍馬は浪人という立場にこだわった。ここが、龍馬の龍馬たるゆえんだと思われる。土佐藩の助けは借りたい、土佐藩に協力もする、しかし土佐藩の中に組み込まれるわけではなく、あくまで対等な立場での協力関係だ、ということである

龍馬としては今更、藩士に戻って藩の命令に従うなどはやってられない、ということだったのだろう。そして、土佐藩にも自分たちにも得になるWIN‒WINの関係を築いたというわけだ。

海援隊には約規が存在し、次のようなことが定められていた。まず海援隊の入隊資格については「本藩(土佐藩)を脱藩したもの、他藩を脱藩したもの、海外に志があるもの」となっている。つまり、脱藩者を入隊資格にしたところが、海援隊の非常にユニークなところと言えるだろう。

しかも、冒頭に「凡嘗テ」とあるため、必ずしも浪人じゃなくてもいいということになっている。まあ「志があれば誰でも入れる」ということである。実際にはどうかというと、海援隊士は、土佐藩脱藩者を中心とした諸藩の脱藩浪人だった。

が、若干ではあるが普通の藩士(福井藩士など)もいた。海援隊の目的は「運輸業、商取引、開拓、投機、本藩(土佐藩)の応援」となっている。また会計については「原則として独立独歩でおこなう。利益は隊員に分配し、私用してはならない」となっている。

ただし、独立独歩というのは、あくまで目標であり、もし自弁できずに赤字が生じたときは、土佐藩から支援が受けられることになっていた。

実は龍馬たちにとって、この項目が、もっとも重要な部分だったと言えるだろう。単なる「浪人結社」ということなら、それまでの亀山社中も同じ性質を持っていたので、わざわざ海援隊に編成替えする必要はなかったのだ。

次ページ龍馬が金をせびった相手とは?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT