なぜ日本人投手は米国MLBでひじを壊すのか?

大谷翔平投手、藤川球児投手、和田 毅投手…

なぜ日本人投手はMLBでひじを壊すのでしょうか?(写真:m.Taira/PIXTA)
4月4日の記事「科学的に見て『送りバント』は有効な戦術なのか」は、記事の公開直後から大きな反響でした。多くの方が野球に関心を持ち、同じように「送りバントの是非」について疑問に思っておられたようです。
でも、野球には「送りバント」以外にもまだまだ、「なんで?」と思ってしまう不思議な疑問がたくさんあります。こんな疑問に「科学的な見地」で答えたのが『野球の科学 解剖学、力学、統計学でプレーを分析!』です。
「ピッチングを科学する」「バッティングを科学する」「統計で科学するセイバー・メトリクス」の3章で構成される本書から、今回は、「なぜ日本人投手はMLBでひじを壊すのか?」に迫ります。

これまで多くの日本人投手が海を渡り、メジャー・リーグのマウンドに上がりましたが、確かに多くの投手がひじを痛める経験をしています。大谷翔平投手もそうですが、過去には藤川球児投手(カブス、レンジャーズ)や和田 毅投手(カブス)は、当番の機会が少ない状況でひじを痛め、手術をしていました。

こうした背景にはさまざまな要因が考えられますが、アメリカのメジャー・リーグと日本の多くの野球場の違いから考えられるのは、まず大きなものとして「マウンドの違い」が挙げられます。

数年前まで、日本の多くの野球場のマウンドとメジャー・リーグのマウンドでは固さが違ったのです。メジャー・リーグの球場はほとんどが天然芝で、フラットな内野です。このため、マウンドを盛り上げるために、外からマウンド用の土を持ってきて山を作ります。これにより、土質も固めやすい粘土質のものが好まれます。とくに最近のマウンドは、ステップ位置にブロック状の固い粘土を敷き詰め、踏み込んだ足がズレず、埋まらずといった特徴が見られます。

一方、日本の多くの野球場の場合、内野が土であることが多く、マウンドをつくるときも、その土を周りから集めるように盛り上げていきます。そのため内野の土とマウンドの土の質が変わらず、砂混じりの土が多く含まれています。

このマウンドの特徴は、踏み込んだときに脚がズレて、埋まっていくようになるということです。よく投手が登板したときに、マウンドをスパイクで掘っていることがありますが、これはステップした脚がなるべくズレないように、より固いところを掘り出しているのです。

マウンドが異なると投げ方も変わる

このようなメジャー・リーグと日本の多くの野球場のマウンドの違いがもたらすのは、投げ方の違いです。

日本の多くの野球場にある柔らかいマウンドで投げる場合、踏み出した脚を柔らかい地面でも安定させるため、接地直後にひざを柔軟に使います。具体的には、ひざをより屈曲させることで、「探る」ようにして安定させるのです。そのため、全体的に重心が下がる投げ方になります。

次ページメジャー・リーグの固いマウンドで投げる場合
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT