西武園、「エモい昭和レトロ」に走る驚きの変貌

メインエリアは商店街風、ゴジラの乗り物も

発表会に登場した商店街の住人たちはやる気十分。衣装もこだわっているようだ(写真:西武園ゆうえんち)

「よってらっしゃい、見てらっしゃい!」。昭和レトロな商店街「夕日の丘商店街」を進むと、おせっかいな住人や店員たちが驚くほど前のめりに絡んでくる。そうかと思えば、道案内をしていた警官が泥棒を発見し、目の前でド派手な追跡劇を開始。気づくとほかでもパフォーマンスが始まっている――。何の説明かと思うが、これこそが新しい西武園ゆうえんちの「売り」なのだ。

西武ホールディングス傘下の西武園ゆうえんち(埼玉県所沢市)は4月13日、約100億円を投じたリニューアルを終え、5月19日にリニューアルオープンすると発表した。新たな園内のテーマは1960年代の昭和レトロ。1960年代を再現した商店街をはじめ、昭和の人気キャラクターが登場するアトラクションなどをそろえている。1日券は大人(中学生以上)が4400円(税込)、子供(3才から小学生)が3300円(同)だ。

単に懐かしさを打ち出すわけではなく、感情を揺さぶり、エモーショナルであることを徹底的に重視したという。「過去最大の投資を行い新しく生まれ変わった。現代社会は心休まるときが少なく、人間関係が希薄化している。そんな時代だからこそ、人情味あふれるふれあいを通じて、幸福感を感じていただきたい」。西武園ゆうえんちの藤井拓巳社長は熱く語った。

商店街は1960年代を隅々まで再現

商店街には30店舗が並び、バナナの叩き売りをする八百屋、遊技場での射的ゲーム、ポン菓子の食べ歩きなど、昔懐かしい風景が広がる。食堂では「ライスオムレツ」、喫茶店も「スパゲッティー・ナポレターナ」を提供するなど、飲食メニューもレトロそのものだ。

しかも、「八百屋、魚屋の店主も実はとんでもない技を持つパフォーマー。あちこちでショーが繰り広げられ、商店街がひとつの舞台となっている」(マーケティング課長の高橋亜利氏)という。

ゴジラのアトラクションは目玉の1つ。こちらも昭和感を意識している(画像:TM & © TOHO CO., LTD.)

目玉のアトラクションは商店街を見下ろす丘にある。ゴジラをテーマにした世界初の大型ライドアトラクションだ。客はゴジラとキングギドラの激闘の中に放り込まれる。「ALWAYS 三丁目の夕日」などで知られる山崎貴監督が手掛けており、アトラクション内で登場するゴジラなどの怪獣は、山崎監督が新たに書き下ろしたオリジナルだ。

次ページ鉄腕アトムやジャングル大帝も登場
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT