西武園、「エモい昭和レトロ」に走る驚きの変貌

メインエリアは商店街風、ゴジラの乗り物も

発表会に登場した商店街の住人たちはやる気十分。衣装もこだわっているようだ(写真:西武園ゆうえんち)

「よってらっしゃい、見てらっしゃい!」。昭和レトロな商店街「夕日の丘商店街」を進むと、おせっかいな住人や店員たちが驚くほど前のめりに絡んでくる。そうかと思えば、道案内をしていた警官が泥棒を発見し、目の前でド派手な追跡劇を開始。気づくとほかでもパフォーマンスが始まっている――。何の説明かと思うが、これこそが新しい西武園ゆうえんちの「売り」なのだ。

西武ホールディングス傘下の西武園ゆうえんち(埼玉県所沢市)は4月13日、約100億円を投じたリニューアルを終え、5月19日にリニューアルオープンすると発表した。新たな園内のテーマは1960年代の昭和レトロ。1960年代を再現した商店街をはじめ、昭和の人気キャラクターが登場するアトラクションなどをそろえている。1日券は大人(中学生以上)が4400円(税込)、子供(3才から小学生)が3300円(同)だ。

単に懐かしさを打ち出すわけではなく、感情を揺さぶり、エモーショナルであることを徹底的に重視したという。「過去最大の投資を行い新しく生まれ変わった。現代社会は心休まるときが少なく、人間関係が希薄化している。そんな時代だからこそ、人情味あふれるふれあいを通じて、幸福感を感じていただきたい」。西武園ゆうえんちの藤井拓巳社長は熱く語った。

商店街は1960年代を隅々まで再現

商店街には30店舗が並び、バナナの叩き売りをする八百屋、遊技場での射的ゲーム、ポン菓子の食べ歩きなど、昔懐かしい風景が広がる。食堂では「ライスオムレツ」、喫茶店も「スパゲッティー・ナポレターナ」を提供するなど、飲食メニューもレトロそのものだ。

しかも、「八百屋、魚屋の店主も実はとんでもない技を持つパフォーマー。あちこちでショーが繰り広げられ、商店街がひとつの舞台となっている」(マーケティング課長の高橋亜利氏)という。

ゴジラのアトラクションは目玉の1つ。こちらも昭和感を意識している(画像:TM & © TOHO CO., LTD.)

目玉のアトラクションは商店街を見下ろす丘にある。ゴジラをテーマにした世界初の大型ライドアトラクションだ。客はゴジラとキングギドラの激闘の中に放り込まれる。「ALWAYS 三丁目の夕日」などで知られる山崎貴監督が手掛けており、アトラクション内で登場するゴジラなどの怪獣は、山崎監督が新たに書き下ろしたオリジナルだ。

次ページ鉄腕アトムやジャングル大帝も登場
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT