よみうりランド、TOBで「巨人パーク」になれるか

ジャイアンツタウン構想は30年以上前から悲願

よみうりランドは読売新聞グループ本社のTOBにより、上場を廃止する見込みとなった(編集部撮影)

「何分にも長い関係がありまして、上場を維持した状態での関係強化はずっと取り込んできたこと。そこを踏み込んで一体化したい――」。読売新聞グループ本社の山口寿一社長は、よみうりランドに対するTOB(株式公開買い付け)の狙いを淡々と説明した。

読売新聞グループ本社は11月6日、よみうりランドの完全子会社化を目指しTOBを実施すると発表した。グループで同社株の33.8%を保有するが、完全子会社化によってグループのレジャー事業の中心に据え、よりシナジーを強める。足元の株価はTOB価格の6050円にサヤ寄せされており、このままいけばTOBは成立(12月21日まで)となる見通しだ。

昨年10月から読売新聞社内でシナジー強化についての検討が始まり、4月に完全子会社化の方針を固め、6月によみうりランドに取引に関する提案を行ったという。ただ、よみうりランドの上場は70年前の1950年。これだけ長期間上場し、協力関係にありながら、なぜ今TOB、完全子会社化に踏み切ったのか。

設立は1949年の老舗企業

よみうりランドはその名の通り、東京都稲城市にある遊園地「よみうりランド」に加え、「よみうりゴルフ倶楽部」などのゴルフ場、「よみうりランド丘の湯」といった温浴施設も運営している総合レジャー企業だ。

よみうりランドの前身である川崎競馬倶楽部の設立は1949年。「戦災復興」と「大衆に娯楽の提供を」という使命の下で誕生し、1950年に川崎競馬場を建設した。同年には船橋オートレース場(2016年閉鎖)も完成。1961年には「東京よみうりパブリックコース」(現よみうりゴルフ倶楽部)が開業している。

遊園地「よみうりランド」のオープンは東京五輪が開催された1964年。見晴らしの良い多摩丘陵に、海水水族館やスキーのジャンプ台などの施設を備えていた。その後もボウリング場やテニスガーデン、プールなど、さまざまな施設を運営してきた歴史がある。

次ページ読売グループとの深すぎる関係性
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT