レゴランド、「値下げ」後にも残る3つの不安

開業2年目、大人を惹きつける魅力に欠ける

開業から1年3カ月で料金を見直したレゴランド・ジャパン(筆者撮影)

JR名古屋駅から名古屋臨海高速鉄道あおなみ線に乗り換えて約25分。「金城ふ頭」駅を降りて、すぐ目に入るのが「レゴランド・ジャパン」だ。世界的に有名なレゴブロックの屋外型テーマパークである。名古屋の中心部からは20km以上離れているものの、伊勢湾岸自動車道「名港中央IC」からも近く、車でも比較的アクセスしやすい場所にある。

レゴランド・ジャパンは7つのエリアから成り、1700万個のレゴブロックと1万のレゴモデルを使い、40を超えるアトラクションやショー、シアター、飲食施設、ショップなどを展開する。メインターゲットは2歳から12歳、つまり小学生までの子どもとその家族だ。1968年からの歴史を持つ本国デンマークのほか、アメリカ、イギリス、ドイツ、マレーシア、アラブ首長国連邦(UAE)など世界7カ国8カ所目の拠点として、昨年4月に日本へ初上陸した。

そのオープンから1年3カ月、早くも転機を迎えている。

7月18日、レゴランド・ジャパンを運営するLEGOLAND Japanは、1日券である「1DAYパスポート」の価格を一部見直したと発表した。ゴールデンウイークや夏休み、年末年始などの繁忙期を「ピーク」、それ以外の営業日を「オフピーク」として、それぞれ子ども、大人の料金を新設定した。

メリハリをつけたが、実質的には値下げ

新料金は以下のとおりだ。

【1dayパスポート】
(従来)こども 5300円 →(新価格)ピーク4500円/オフピーク3700円
(従来)大人 6900円  → (新価格)ピーク6900円/オフピーク5000円

従来は年間を通して一律の価格だったため、メリハリをつけたが実質的には入場料を値下げした格好となる。

「もう少し気軽にレゴランドに行きたいというお声をいただいておりました。単純な値下げではなく、お客様のニーズやライフスタイルに合わせて価格を改定しました」。東洋経済オンライン編集部の取材に対して、LEGOLAND Japan広報はこう説明した。

ただ、好調なテーマパークは料金を値下げするよりも、むしろ値上げしているのが近年のトレンドだ。

次ページTDRやUSJは値上げしても集客堅調
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT