USJ「任天堂ワールド」はドン底・大阪を救えるか

足かけ5年の新エリアが3月18日にオープン

世界初のエリアがついにオープン。若い女性も楽しめる(記者撮影)

「このエリアがやっと開くということで感無量です。今まで夢に見ていた、遊んでいた世界に生身で入れることを楽しんでいただきたい」

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)を運営するユー・エス・ジェイの山本歩マーケティングコミュニケーション部長は笑顔で熱く語った。

USJは3月18日、任天堂のキャラクターや世界観をテーマにした新エリア「SUPER NINTENDO WORLD」をオープンした。着工は2017年6月。当初は2020年7月の東京五輪開幕までの開業を目標にしていたが、コロナの影響で大幅に延期。大阪府の緊急事態宣言の再発令と解除を受けてようやく開業を迎えた。

マリオの世界をそのまま再現

任天堂のキャラクターなどを生かした施設は世界初で、マリオの生みの親である任天堂の代表取締役フェロー・宮本茂氏が開発に携わった。総工費は600億円超。今年、開業20周年を迎えたUSJにとって、国内外から客を呼び寄せる最重要プロジェクトだ。

新エリアは、ゲーム内でおなじみのグリーンの土管を抜けると、目前に広がるのはスーパーマリオの世界そのもの。クッパ城やピーチ城がそびえ、コインやブロックも並ぶ。キャラクターたちもゲームと同様、生き生きと動き回る。エリア面積は公表していないが、子どもでも十分に回れる広さだ。

大小さまざまなアクティビティーもある。クリボーやノコノコ、パックンフラワーなどのキャラクターが登場するゲームは5つ。うち3つをクリアすると、クッパJrと戦うボスバトルに進める。手首に付ける「パワーアップバンド」(税込3200円)を購入し、USJの公式アプリと連携させるとコインが貯まり、仲間との競争も可能だ。

至るところに配置された四角のブロック(ハテナ・音符など)は、下からパワーバンドで叩くと音が鳴り、マリオのようにコインをゲットできる。スロットマシンや双眼鏡などのアクティビティーもある。

この記事の画像を見る(5枚)

目玉の1つはマリオカートのライド・アトラクションだ。専用のヘッドセットを装着してマシンに乗り込むと、ヘッドセットの映像と現実のコースが錯綜する。並走するキャラクターを攻撃したり、攻撃を受けた際のスピンも体感できる。

次ページアトラクション以外にも見どころ
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT