日本の会社があまりに停滞している根本的理由

「会社」と「企業」は一体どこがどう違うのか

祖業にこだわるのは、それが家業だからである。いわゆる西洋的な合理性からくる理由は何もない。事業を乗り換えるのは、いよいよ会社が潰れそうな危機に陥ったときである。しかし、普通はそれでは遅すぎる。だから、方向転換してもやっぱり潰れる。したがって、日本企業で継続しているのは、事業変更をしなくて済んでいる企業たちである。食に関する老舗の会社が多いのは、テクノロジーの変化がゆっくりで、本質的な価値が不変な事業だからである。

また「中小企業を統合して効率化して大企業にして利益を増やす」という発想はない。それは家のおとりつぶしだからである。だから、M&Aなどは最終手段なのである。キッコーマンも蔵元存亡の危機に直面して8つの家族が一致団結したものであり、その後も事業継続を優先し、適切なペースでしか事業拡大を行っていないが、それが現在の発展につながっている。本社は千葉県野田市である。現在の交通上は非常に不便なところなのに、ここから絶対に移さない。

「なし崩し的なシフト」で混乱している日本企業 

では、これらの日本の会社が、なぜ混迷を極めているのだろうか。一方で楠木氏がいうように、個別には非常に儲かっている企業がある。この差はどこにあるのか。それは、山口氏が家族法について述べているように、会社から企業へのシフトをなし崩しに行っているために、コンセンサスもできず、経営者も従業員も、そして世間の人々も混乱しているからである。

要するに、英米流の投資家と、英米で学んだ学者たちが寄ってたかって、「日本企業が駄目だ」といっているだけである。企業ではなく、会社という枠組みのなかで生きている人々は、それらの指摘を「何か腑に落ちないな」と思いながら、「今はそういう時代なのか、仕方がない」、と新しい制約条件の一つとして受け止めているのである。一方、成功している企業は、日本の伝統的なイエ的な発想を持たない企業である。事業領域にこだわらず、事業の継続にもこだわらず、利益、企業価値最大化をはっきりとした目的とする企業たちなのである。

そして、日本的な会社の経営者たちも、事業の継続では立ち行かない、イエ的な価値観は捨てなければいけない、ということはようやく受け入れつつある。

だが、それでもうまくいかない。なぜなら、事業継続、イエの存続という明確な経営の軸、目的を失ったいっぽうで、新しい明確な目的と軸が確立していないからである。

ESGはブームにすぎないし、利益率も制約条件にすぎない。何を絶対的な基準として経営していくのか。それがないのだ。だから、前回の記事「日本が何度もコロナ対策に失敗する本当の理由」で議論した、昔の日本軍のように、目的がないにもかかわらず、何か「仕事」をしないといけないと必死になり、世間に受け入れられるように、世間の雰囲気で、同調圧力に動かされて、のたうちまわっているのである。これが今の典型的な「日本の」会社である。

もちろん、例外はある。しかし多くの「日本の」会社が、同じ問題に直面し、同じ思考構造で路頭に迷っている。なおかつ、同調圧力に弱いという社会的弱点から、多くの会社が流されて動いている以上、日本企業が群れをなしてのた打ち回っている。

バブルに乗っているのか、乗らされているのか、漂流しているのか、わからない。だが、群として動いているのであるから「日本企業はどうするべきか」という命題は、今こそ重要なのである(本編はここで終了です。次ページは競馬好きの筆者が週末のレースを予想するコーナーです。あらかじめご了承下さい)。

次ページさて競馬コーナー。クラシック初戦、桜花賞の勝ち馬は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT