日本の会社があまりに停滞している根本的理由

「会社」と「企業」は一体どこがどう違うのか

競馬である。

競馬界でも「日本的な病巣」が再び発覚した。ドバイにおいてである。

3月27日、世界最高賞金水準のレースが同地で行われた。1996年の第1回のドバイワールドカップをアメリカ史上最強馬のシガーが勝って以来、毎年恒例のイベントで世界中から1流馬が集まり、世界最強馬決定戦が行われている。ちなみにシガーはG1で11勝。また16連勝を記録、約30億円で種牡馬入りしたが、無精子症で1頭の牝馬も受胎できなかった。

それはさておき、今年のドバイワールドカップのG1 4つのレースで、日本馬はすべてで2着となった。芝の最強馬決定戦と言ってもよい「シーマクラシック」では、クロノジェネシスがクビ差2着、ラヴズオンリーユーがさらにクビ差の3着だった。

これを見て「日本馬はすごい、世界最強レベルだ、今年はよくがんばった、すばらしい!」という競馬ファンが多いが、まったく違う。

そんなことだから、日本の競走馬は1流になっていても、日本の競馬はいつまでも2流なのだ。競馬は勝つことがすべて。2着もビリも一緒である。血統書に残るのは、何勝したか、勝ったレースは何か。種馬の価値も繁殖牝馬の価値も、勝ちだけで決まるのである。だから、今年の結果は「勝てる力があったのに勝てなかった最悪の結果」なのであり、言いすぎかもしれないが日本の恥なのである。

やはり前回の記事でも述べた「勝つという目的のない日本軍」「一矢報いる」「いいところを見せるのが目的」「やっている姿を見せる日本政治」と本質的に変わらないのである。そして、今回述べた「最終目的なく頑張っている経営者や社員」とも同質なのである。

桜花賞は歴史に名を残しそうな「白毛馬」で勝負

それはさておき、3歳牝馬の頂点を競う桜花賞(11日阪神競馬場第11レース、距離1600メートル)は、今年最初のクラシックだ。それこそ、勝ち馬は歴史に間違いなく名を残すことになる。したがって、予想もこれまでしっかり勝ってきた馬から。

桜花賞は、昨年末に行われた2歳女王決定戦である阪神JF(ジュベナイルフィリーズ、G1)と同じコース設定で行われる。阪神JFは有力馬がそろっていたから、このレースで僅差の4着までは実力は横一線だろうし、鼻差敗れたサトノレイナス(8枠18番)は、大外枠に入ったが、勝ったソダシ(2枠4番)と同じくらい人気を集めるかもしれない。

しかし、鼻差でも勝った馬が強い。よって本命はソダシ。彼女は珍しくかつ非常に美しい白毛である。馬券的には人気先行だが、ここでクラシック馬となり、人気実力ともナンバーワンになってほしい。

ヨカヨカ(6枠12番)はどうか。九州産馬、しかも熊本産で、名前もそのもので、応援したいが、残念ながら勝つ可能性はゼロだ。今後、必勝体制で参戦できるレースに臨んでほしい。

馬券的な妙味で行けば、メイケイエール(4枠8番)。底力は断然だ。しかし、気性が悪すぎて、前走のチューリップ賞(3月開催のトライアルレース)でも、あの武豊騎手をもってしても御しきれず、最後の直線でもクビを上げながら走っていたが、勝ってしまった。今回は横山典弘騎手に乗り代わって人気も落ちるので、狙い目だ。

したがって、私が買うのは、ソダシの単勝。え?「お前は何の目的で馬券を買っているのか」って? それは儲けるためでも、当てるためでもない。買いたい馬券を買っているだけのことさ。日本的な馬券師だから。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT