「絶体絶命の会社員」を救った"非常識な考え方" 漫画で身につくラテラルシンキングの活用方法

拡大
縮小

まじめに仕事をやっているのに成果が出ない。一方で、最小限の力でうまくやっている人がいる――。そうした人々はいったい何が違うのでしょうか。

『まんがで身につく ずるい考え方』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

その答えは「ずるい考え方」を知っているかどうかかもしれません。「ずるい考え方」とは「ラテラルシンキング」(水平思考)のことで、一休さんのとんち話などで知られています。

2011年に刊行された『ずるい考え方――ゼロから始めるラテラルシンキング入門』をコミック化し、日々の生活や仕事での活用方法を解説した『まんがで身につく ずるい考え方』(あさ出版)より一部抜粋してご紹介します。

ラテラルシンキングでワクワク感をつくりだせ!

次ページロジカルシンキングじゃ変えられない?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT