プチ高年収でも貯金できない人の4つの習慣

本当の金持ちこそ「貯めるコツ」を知っている

そこそこの高年収でも、そうでなくても、おカネが貯まらない人には、共通する「4つの習慣」がある。直せばおカネが貯まる(写真:kou/PIXTA)

突然ですが、読者の皆さんの周りにいませんか?「そこそこの高収入なのに、なぜかおカネが貯まらない人」。もしかしたら、いまこの記事を読んでいるあなたこそ、そうなのかもしれませんよね。

私はファイナンシャルプランナーとしての講演やマネー相談などを通じて、収入が高いのにおカネが貯まらない人をたくさん見てきました。その人たちとお話しているうちに、実は共通する習慣がたくさんあることに気づいたのです。

そこで今回は、高収入なのにおカネが貯まらない人に共通する習慣を4つ、紹介したいと思います。必ずしも高収入でなくても、おカネが貯まらない人は、必ず4つのうちのほとんどが当てはまるはずです。

日常の消費すべてを「ワンランク上」にすると…

まず、1つ目。「日常生活のどの支出費目も、ワンランク上のもので消費している」点です。たとえば、同じ日常の洋服を買うにしても、ユニクロやZARA、格安のネット通販などを利用するのではなく、ユナイテッドアローズなどちょっと高いブランド物にしている人がいます。

これはスーパーでも同じです。イオンやイトーヨーカドーなどではなく、成城石井や紀ノ国屋などで買っている人。珈琲店でいえば、ドトールやマクドナルドのコーヒーではなく、スターバックスや上島珈琲などのコーヒーを買っている、といった具合です。

あらかじめ断っておきますが、ぜいたくをせずに節約することをオススメしているわけではありません。実は、私自身もぜいたくをすることは大好きです。そもそもおカネは使うものなので、消費することで幸福度が増すことはよいことでしょう。

しかし、それにはやはり加減があります。日常生活のどの支出費目もワンランク上のもので消費してしまうと、あっという間におカネはなくなってしまいます。おカネをかけるところと、かけないところの「メリハリ」をつけることが大切なのです。

次ページおカネが貯まる人が圧倒的に利用している「店」とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT