日本人が苦手な叱り方、上達する5秘訣【動画】

意外に簡単!子供も部下も伸びる「王道スキル」

人を育成するためには、「褒める」ばかりではなく、きちんと「叱り」、「間違いを正してもらう」
ことも必要です。

欧米ではコミュニケーションは「科学」

一方、日本には「正しく叱る技術」が確立・普及していません。

『世界最高の話し方:1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

日本人は

「なんとなく」

「周りがやっているように」

「その場の気分で」

叱りがちですが、欧米では、コミュニケーションは「科学」で、多くの学者が研究し、その「解」を示している「学問」であり、一生を通じて学び続けるものです。

では、いったいどうすれば? コミュニケーション・ストラテジスト、岡本純子さんの著書『世界最高の話し方:1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』をもとに8分の動画にまとめました。

詳しくは動画をぜひご覧ください(※再生の際は音量等にお気を付けください)。

世界のエリートが実践する「世界最高の叱り方」とは?(写真:Fast&Slow/PIXTA)
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT