日本が世界5大ウイスキーに入った衝撃的理由

はじまりは「自称」だった可能性が非常に高い

ところで、ジャパニーズウイスキーは世界の5大ウイスキーの1つとされていますが、スコッチ、アイリッシュ、アメリカン、カナディアンに比べると歴史が浅いのは明らかです。2001年のベスト・オブ・ザ・ベストでシングルカスク余市10年が総合1位を獲ってようやくジャパニーズウイスキーの存在を知り、「日本でもウイスキーがつくられているのか!」と驚いた海外のウイスキー関係者も大勢いたはずです。

ではいったい、誰が、いつ、ジャパニーズウイスキーを「5大ウイスキーの1つ」というようになったのでしょうか。

実はこれ、謎なのです。私がウイスキー関連の書籍をはじめて上梓したのは1992年です(『スコッチ・モルト・ウィスキー』新潮社/共著)。この本で私は「ジャパニーズウイスキーは5大ウイスキーの1つ」という表現を使っています。

ただし、これは私の考案ではありませんから、おそらく、このとき参考にした文献に「5大ウイスキー」という記述があったのでしょう。そう考えると、1970年代から1980年代には、5大ウイスキーという呼称がすでに使われていたと考えられます。

1960年代、サントリーやニッカウヰスキーはウイスキーを海外へ輸出していました。したがって、海外にもジャパニーズウイスキーを知る人はいたのでしょう。だからといって、スコッチやアイリッシュの関係者たちが、ジャパニーズウイスキーを自分たちのウイスキーに並ぶものと認識していたとは到底思えません。

そう考えると、「世界の5大ウイスキーの1つ」というジャパニーズウイスキーの肩書きは、当初は“自称”だった可能性が非常に高いのです。

5大ウイスキーの1つであることはもはや常識に

しかしながら今、ジャパニーズウイスキーが世界5大ウイスキーの1つであることに疑念を呈す人はいないでしょう。ウイスキーファンならご存じでしょうが、台湾にカバランという蒸留所があります。カバラン蒸留所は、2006年にオープンした台湾初の蒸留所です。

2008年に初のシングルモルトをリリースするとその実力が高く評価され、以来、世界の蒸留酒の品評会で多くの賞を受賞しています。そのカバラン蒸留所が以前、「台湾のウイスキーを世界の6大ウイスキーとしたい」といっていました。

はじまりこそ“自称”だったかもしれませんが、ジャパニーズウイスキーが5大ウイスキーの1つであることは、ウイスキー業界ではもはや常識となっているのです。

次ページ不況に終止符を打った「ハイボールブーム」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT