日本が世界5大ウイスキーに入った衝撃的理由

はじまりは「自称」だった可能性が非常に高い

シングルモルトのシェア拡大や、世界的な品評会でシングルカスク余市10年と響21年が受賞するなどの明るいニュースがありつつも、ウイスキー消費量の下降に歯止めはかからず、2008年まで下がり続けました。

底を打った2008年の消費量は7万4000キロリットル。1983年のピーク時のおよそ5分の1にまで減っていました。

しかし、ウイスキーの消費量は2009年から上昇に転じます。長いウイスキー不況に終止符を打ったのは、ハイボールブームでした。2008年ころから、サントリーは角瓶をソーダで割る「角ハイボール」、通称「角ハイ」の広告を展開。「ウイスキーが、お好きでしょ」の名曲をBGMに、女性店主が営むバーの様子を描いたテレビCMは大いに好評を博しました。

そして、若者を中心にハイボールが大ブームとなり、そのおかげで消費量が上昇に転じたのです。

ハイボール人気は10年以上経った今も継続中で、スーパーやコンビニではハイボール缶が並び、ご当地ハイボールも誕生しています。

NHKの『マッサン』がさらなる追い風に

角ハイによって火がついたハイボールブームのおかげで、1983年のピーク時には遠くおよばないとはいえ、国内のウイスキー消費量は少しずつ盛り返していきました。

そこへ、さらなる追い風が吹きます。2014年9月から、NHKの朝の連続テレビ小説『マッサン』の放送がスタートしたのです。『マッサン』は、ウイスキーづくりの夢を抱くマッサンこと亀山政春(玉山鉄二)と、その妻エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)の生涯を描いた人情喜劇。ニッカウヰスキーの創業者、竹鶴政孝と妻リタがモデルとなっています。

連続テレビ小説において、男性が主演の作品はかなり珍しいそうです。また、ヒロインに外国人が起用されるのもはじめてとのこと。かなり異例の作品だったといえますが、全150回の平均視聴率は、2013年放送の『あまちゃん』の平均視聴率20.6%を超える21.1%を記録しました。

次ページ蒸留所に多くの観光客がやってきた
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT