コロナ以降も「仕事で淘汰されない人」の3条件

ツールと情熱をもった「個人」が生き残る

一個人の情熱が生み出した「ダイヤの原石」を組織の力を使って磨き上げ、形を整え、世の中の多くの人がそのメリットを享受できるようにし、結果として利益を上げて株主価値に結びつける、それが会社の役割です。

コロナ後のリモートワークは、ある意味、そんなイノベーションを起こすには絶好の機会だと私は思います。

通勤時間が不要になり、無駄な会議(オンライン会議も含める)、雑談、飲み会、付き合い残業などがなくなれば、優秀な人たちの生産性は格段に上昇します。これまで1日かけてやっていたような仕事を、午前中の3時間で仕上げてしまうような強者が必ず現れます。そんな人たちこそイノベーションを起こす力を持っているので、会社側も彼らに対して「作りたいものを作る」機会を与えてあげればいいのです。

この考え方は、Googleの20%ルール(勤務時間の20%を担当外の業務に使う)を、もっとルーズにしたようなものです。

与えられた仕事をこなしている限りは、例えば50%以上の時間でも「好きなものを作る」ことに使っても構わない……どころか、イノベーションを起こせるのであれば大歓迎でしょう。

メドがついた段階で経営陣にプレゼン

その代わり、会社のリソースを使って開発中のものは、常にオープンな形で会社に見せてもらい、Slackのチャンネルなどを使って、会社の他のメンバーとコミュニケーションを取りながら進めてもらうのです。

『ニュー・エリートの時代』(KADOKAWA)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

そしてある程度メドがついた段階で、経営陣に対してプレゼンをしてもらい(これも非同期なテキストベースのもので構いません)、経営陣に「会社の方向性にマッチしたダイヤの原石」と認められたら、予算がついて本格的にスタートします。

その際にも、経営陣の多数決ではなく、経営メンバー(例えば副社長以上)の1人ひとりが「イノベーション予算」を持っており、彼らから十分な予算をもらうことができたら(たとえサポートする人が1人でも)スタートできるようにするのがよいと思います。

「ダイヤの原石」と認められながらも会社の方向性とマッチしない場合もあると思いますが、そんなときは、本人さえその気になればスピンアウトさせてあげればよいと思います。

その際には、会社の投資部門が投資する価値があるかどうかを客観的に評価し、価値があると見たら、本人が普通株を、会社が優先株を持つ形でスピンアウトすれば、資金力を持たない個人も新会社の大株主になることができます。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT