コロナ以降も「仕事で淘汰されない人」の3条件

ツールと情熱をもった「個人」が生き残る

それが行き着く先は、世界のフラット化です。少なくとも、こんなニュー・エリート層に対しては、会社側は能力に応じて対価を支払うだけなので、その人が住む場所に応じて給料を変えるなどはナンセンスな時代が来るのです。

そして逆に、働く側も、ソフトウェアエンジニアの職を得るためにシリコンバレーに移住する必要もなくなるので、自分のライフスタイルに合わせた場所に住むことが可能になるのです。最近、シリコンバレーで成功した人がハワイに別荘を買うという話をよく聞きますが、それが別荘ではなく、活動の本拠地になる時代が来ようとしているのかもしれません。

これは日本の優秀なソフトウェアエンジニアにとっては朗報だと思います。物価の安い日本で、アメリカ並みの給料がもらえるのですから。首都圏に住む必要もないので、広い家に住めるし、海や山を楽しめます。でも英語は必須なので、それだけは勉強しておいたほうがよいでしょう。

イノベーションを起こすのは「個人」

「ニュー・エリート」とは、自分のライフスタイルを優先して住む場所(海岸、山奥、農村、リゾート地など)を選び、そこからリモートワークで社会・企業にとってなくてはならない仕事をするワークスタイルを持つ人たちのことですが、そんな働き方をするためには、いくつかの条件を満たさなければなりません。

何よりも重要なことは、「社会にとって価値のあるものを生み出す力」を持っていることです。「イノベーションを起こす人」と言い換えてもよいと思いますが、必ずしも「もの」や「サービス」に直結している必要はないので、かなり広い意味でのイノベーションと考えてください。

イノベーションの起こし方に関して勘違いしている人が多いのですが、イノベーションを起こすのは「会社」や「組織」ではなく、常に「個人」です。これまでに存在しないものを作り出すには、様々な障壁を乗り越えなければなりません。マーケット・リサーチやフォーカス・グループへのヒアリングからは、ありきたりのものしか生まれないのです。

「社長直轄の新規事業開発部」のようなアプローチがうまくいかないのは、その組織作りに「個人の情熱」への配慮が欠けているからです。「作りたくて仕方がないもの」を持っていない人を一カ所に集めても、イノベーションは生まれないのです。

イノベーションを起こすには大きなリスクが伴います。「そんなものを作っても誰も使わない」「そんなものを作るのは無理」「まだ誰もそんなものを作っていないのには理由があるはずだ」などの反対意見が必ず出ます。多数決をとったら、必ず「ありきたりのアイデア」が勝つのです。

そんな障壁を乗り越えるには、「こんな価値を世の中に提供したい」「人々がこんなライフスタイルを持つ社会を作りたい」という個人の情熱が必須なのです。そんな一個人の情熱が周りの人の心を動かし、大きなエネルギーとなって、新しいものが生まれるのです。とは言え、1人でできることは限られているため、会社組織が必要なのです。

次ページ会社の役割とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT