「省エネ住宅」を選択する人は本当に増えるのか

建物のみならずソフトの改善もカギになる

積水ハウスがさいたま市見沼区に建設したZEH賃貸には大容量の太陽光発電システムが設置されている(写真:積水ハウス提供)

賃貸住宅の「部屋探し」をする際に、どんな点を検討材料にするだろうか。家賃、立地、部屋の広さ、間取り、内外観、設備、築年数などが主なものだと思われる。他に、インターネットサービスやオートロックの有無、ペットと暮らせることなども検討材料に加えるという人もいるだろう。

では、「省エネ性」を検討材料にするという人はどうだろうか。ほとんどいないと考えられるが、その理由はそもそもそうした観点から検討するという発想自体がほぼないからだ。ただ、それは当然のことである。

宅配ボックスなど共用設備の充実度も賃貸住宅選びのポイントの1つになっているが、「見沼区の物件」にも導入されていた(写真:筆者撮影)

省エネ性の高い物件自体が少ないし、あっても省エネに関わる情報の提供が行われていないケースがほとんどだからだ。このことは、賃貸住宅に関する情報提供のあり方にも問題があると思われる。

試しに主要な賃貸住宅検索サイトを見てもらえれば、この指摘が間違いのないことはすぐに確認できるに違いない。住まいの省エネ機器として象徴的な「太陽光発電」や、断熱性を高める窓に関する項目はほぼ皆無だ。

環境問題が居住ニーズを変える可能性

しかし、今後はそうした状況に変化が見られるのではないか、というのがこの記事で述べたいことだ。その背景には、日本政府が温室効果ガスの排出量を2050年までに実質ゼロにすることを打ち出したことがある。

住宅分野も当然、その実現に向け動く必要があり、賃貸住宅も少なくとも新築については省エネ性能が高い物件を供給しなければならず、結果的に部屋探しをする人たちに向けて、省エネ性に関する情報提供をすることになるだろうと考えられるのだ。

また、若い世代を中心に環境問題への意識が高い人も増えている。今後、彼らを中心とした多くの人たちが「省エネ性の高い住宅、賃貸住宅に住みたい」という考え方が広がる可能性だって否定できない。

前述のようなことを筆者に妄想させる物件を見てきたのでご紹介する。「シャーメゾン」ブランドで賃貸住宅を供給する積水ハウスがさいたま市見沼区内に建設したもので、「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」仕様で建てられているのが特徴だ。

次ページZEHとはどんな建物なのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT