男女の平均勤続年数差の解消も目標にすべきだ

現状は女性の就業者数、就業率しか見ていない

現状でも少しずつではあるが、女性の勤続年数は上昇してきており、男性との差は縮まりつつある。とはいえ、男女ともに現状のペースが続くと仮定して直近10年間のトレンドを延長すると、女性の勤続年数が男性を超えるのは「2108年」と、あと約90年もかかってしまうことになる。

仮に、男性の勤続年数が上昇せずに横ばいで推移するとしても、勤続年数のギャップ解消が解消されるのは「2061年」で、あと40年かかる。

女性の平均勤続年数が男性よりも低い理由としては、出産・育児などを理由に早期に退職してしまう人々が一定数存在することなどが挙げられる。当たり前のことだが、退職者数が減れば「平均勤続年数」が伸びる。極端な例として今年から女性の退職者がゼロになる場合は男女の「平均勤続年数」のギャップは約4年で埋まることになる(正確には、新規の就業者が増えることを勘案すると4年超かかる)。当然、このような仮定は強すぎることから、現実的な前提を考える必要がある。

次ページ退職率(新規就業率)が男性と同じならどうか
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT