源氏物語で「女の死」の場面ばかり描かれる理由

葵上も、藤壺も、夕顔も、六条御息所も…

『源氏物語』に登場する女性たちの死について考える(イラスト:花水木/PIXTA)
日本文学の金字塔『源氏物語』。『源氏物語』に描かれる死の場面から、紫式部は何を伝えたかったのか? 古典学者・作家・書誌学者の林望さんから、教養としての『源氏物語』の読み方を『源氏物語の楽しみかた』をもとにご寄稿いただきました。

最愛の紫上の死は『源氏物語』のクライマックス

「御法」で描かれる紫上の死の場面は、『源氏物語』全体のクライマックスと言っても、まず言い過ぎではあるまい。

紫上という人は、源氏が妻として真剣に愛した唯一の人であった。あの須磨明石へ蟄居の折に、いつだって源氏の脳裏に浮かび来たのは紫上であったし、帰京後、また共に暮らすようになった折の叙述に、源氏は、この君の魅力が天下無双のものであることをつくづくと再確認し、「いったいどうやって平気で何年も逢わずにおられたものであろう」と我ながら訝しくさえ思ったとある。

それほどに源氏が心を込めて愛した人が、物の怪の祟りでもなく、まったくの定命(じょうみょう)によって、何の苦しみもなく「消えゆく露の」ようにも儚く死んでしまうのだが、しかし、その死の床には、源氏も、明石の中宮も、夕霧も、みな囲繞して看取っていた。こんな幸福な死に方をした女君は、この人を置いて他にはいない。

そしてその死のあと、源氏は腑抜けのようになってしまって、ただ茫然、鬱々と一年を過ごし、この物語からふっと退場するのである。

しかるに、この物語をずっと通読してみると面白いことに気がつく。それは、柏木を唯一の例外として、「死」の場面が描かれるのは女たちばかりで、男たちの死はほとんど全く描かれないことだ。

次ページ葵上の死──源氏に看取らせず死ぬという復讐
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT