なぜタクシーに?外国人運転手の興味深い素顔

資格取得だけでなく求められる能力も高い

ルガーさんが働き始めた2018年時点では、日の丸交通で働く外国人は20人を下回っていた。そして、タクシー業界が好景気と呼ばれていた時期にもあたる。当時と比較すると、働き方の視点や優先順位が変わってきたのもルガーさんの現状だ。

「2019年までは街を走らせると乗客を拾えたし、売り上げも5万以上稼げた。今は誰もが厳しい状況ですよね。よく『外国人が働くうえで大変なことは?』と聞かれますが、ある程度の日本語が話せれば特別難しいことはない。私自身も嫌な思いをしたことはほとんどありません。

ただ、より高い水準のサービスを求めるなら難しいこともある。例えばビルを指定されても、どの降り場所がいいのか、反対側の道路でもいいか、など細かい確認がたくさんある。かといって細かすぎるのはよくないし、その辺の加減が難しい。お客さんが減っている今だからこそ、選んでもらえるよう細部にまで気が回るようになりました」

後輩たちのサポートもしていきたい

キャリアを重ねた後は観光タクシーに、という未来図をルガーさんは描く。おのずとその視線は、後輩ドライバーたちにも向かう。

「外国人の中で最も長いといっても、まだまだ業界では新人みたいなもんです。もっと仕事に慣れて、会社に貢献していきたい。後輩もどんどん増えているので、働きやすいようにサポートもできたらな、と思っています。自分のぺースを保ち、走り方も働き方も無理をしないこと。それがこの仕事のポイントと最近感じるようになり、みんなにも伝えています」

先進国や自国の労働力が少ない国では、外国人がタクシードライバーを担うケースも多い。実際に多くのタクシー会社代表が「今後必要となる人材」と話すように、都市部を中心にタクシー業界へ外国人労働者が流入する時代が訪れるだろう。そのときに、先駆者たちの存在は後進への導きとなっていくはずだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT