なぜタクシーに?外国人運転手の興味深い素顔

資格取得だけでなく求められる能力も高い

日の丸交通の外国人社員の中で、最古参に当たるのがルガー・ウォルフガングさん(53)だ。オーストリアのテルニッツ出身であるルガーさんが、ドライバーになったのは2018年冬。以降、多くの外国人ドライバーが慕う兄貴分的な存在でもある。

オーストリア出身のルガー・ウォルフガングさん。2018年からドライバーを始めた(筆者撮影)

初来日は22歳のとき。勤めていたオーストリアの製鉄企業の研修で、兵庫県に半年ほど滞在した。結果的にこの半年間が、ルガーさんの人生を大きく変えることになる。

「ご飯、自然、人々、街の雰囲気――。すべてが好きになって、絶対に日本に住みたい、と」

帰国後ほどなくして退職し、新潟県の越後湯沢に移住している。越後湯沢では20年にもわたってイタリアン料理店で雇われ店長を務め、冬はスキーのインストラクター、夏は山登りのガイドなどで生計をたてた。

26歳で日本人女性と結婚し、2児の父でもあるルガーさんに転機が訪れたのは3年前。妻の家庭の事情で、一家で埼玉県への転居が決まったことだ。ゼロから職探しをする中で、インターネット上の日の丸交通の募集広告が目に留まった。

接客業へのこだわりを持っていたルガーさんは、4カ月に及ぶ猛勉強を経て、2018年11月にドライバーとしてのキャリアをスタートさせた。

毎日どこに行くかわからないことが楽しい

日本語、英語、ドイツ語を操るトリリンガルのルガーさんがなぜタクシーを選択したのか。本人に訊ねると、毎日どこに行くかわからない変化が楽しめるから、という。

「3年目を迎えた今でも、面白がってこの仕事ができているんです。ドアが開くと『今からどこに行くの』というドキドキ感があって、毎日違うお客様と会話をする。例えば港区と上野では乗る人の層も違うし、そういう発見も新鮮で。

仕事じゃないとここまで東京の街を知れなかった。特に葛飾などの下町が好きですね。私は日本では外国人ということもあり、車中でいろいろ話しかけてもらえる。もの珍しく見られるのも好きなんです(笑)」

次ページ働き始めた当時、外国人は20人以下だった
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT