なぜタクシーに?外国人運転手の興味深い素顔

資格取得だけでなく求められる能力も高い

ワルインゲさんは現在、月11の隔日勤務だ。約4カ月の研修を経て昨年8月から乗車を始めたが、新型コロナウイルスの影響もあり売り上げは芳しくない。それでも渋谷、世田谷区を中心に営業を続けており、毎日が新鮮な発見だという好奇心が勝る。

道を覚えること、さまざまな客層への対応などやるべきことも多いが、総じてポジティブに捉えるというのも性格を表している。何より現場にたって驚いたのが、乗客の心遣いだった。

「必ず聞かれるのは『どこの国の人? 日本語しゃべれる?』ということですね。ただ、まだ仕事を始めて間もない、ということを伝えると、みなさん本当に親切にしてくれます。例えばナビを入れようとしても道を教えてくれますし、逆に英語でいろいろ話しかけられたりもしますね。

ときどき欧米人を乗せることもありますが、聞かれることは日本人と同じ(笑)。顔を見るなりびっくりされて、『アフリカ人は初めてみた。珍しいね』と。でも、日本人も欧米人も、大変な時期に異国で頑張っている、とチップをくれる方も結構います。アメリカ人は1万円をくれて、なにかの冗談かと驚いたくらいで……。たぶんこれだけタクシードライバーに優しい国は日本しかないと思います」

休みの日はだいたい海に出かけている

ずっとタクシーの仕事を続けていくかはまだ不透明だ。それでも、1年以内にはよりスムーズに業務をこなせるようになりたい、と今後の目標を話してくれた。

来日当初はホームシックにかかったというが、ケニアにはもう3年帰っていない。日本での生活に根を張ることで、母国を懐かしむ気持ちも小さくなっていった。

「日本に来て一番好きになったのはきれいな海なんですよ。特に何かするわけでもなく、海を見てボーッと過ごす時間が好きで。ケニアにも海はあるけど、ほとんど見たことがなかったので。今住んでいるところから葉山が近く、休みの日はだいたい海に出かけている。

だから都内で走っていて好きなのは有明なんです。道も広くて、すごい高層マンションがあって、海があって。私にとってはすごく東京の良さを感じられる場所です。嫌なことがあっても、海を見ると『また明日から頑張ろう』と思えるから不思議ですよね」

次ページ最古参のルガー・ウォルフガングさんに聞く
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT