なぜタクシーに?外国人運転手の興味深い素顔

資格取得だけでなく求められる能力も高い

父であるフィリップ・ワルインゲさん(76)は東京、メキシコ、ミュンヘンで3度の五輪に出場し、2度のメダルを獲得したケニアスポーツ界のレジェンド的存在だった。1970年代には「ワルインゲ中山」のリングネームで日本でも活動している。4度の日本王座を防衛しており、記憶しているオールドファンも多いのではないか。

母国の英雄の背中を見て育った少年にとって、父と同じ日本の地から世界を目指すという選択は自然な流れだったのかもしれない。それでも、日本語をほとんど話せない27歳のケニア人が、ジム住み込みでチャンピオンを目指すという道は想像以上に過酷だった。

「日本に来てまず驚いたのは物価の高さ。ケニアで住んでいたのは街中に野生動物がいるような場所でした。ケニアと東京の大きすぎるギャップに慣れず、当初は戸惑いましたね。ボクシングだけでは稼げないから、ALT(外国語指導助手)や英会話教室などいろんなバイトして食べていた。

ジムの米倉健司会長には本当にお世話になって、生活もサポートしてくれました。それでも、なかなか試合ができないという葛藤もあり、ボクシングへの気持ちが次第に離れ、33歳の時に生活のために引退しました」

関心を持ったのはテレビ番組がきっかけ

引退後は埼玉、神奈川県などでの地を転々とした。私生活では34歳の時に、埼玉の英会話教室で知り合った日本人女性と結婚をしている。ボクシングから離れると、英会話教室やALTの仕事で生活に困ることはなかった。それでも、漠然と何か新しいことに挑戦したいという気持ちは膨らんだ。

タクシーの仕事に関心を持ったのは、ふと目にした『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京)が契機となった。日の丸交通で働くドライバーに密着した同番組を見て、外国人でもタクシードライバーになれるのか、と心を奪われた。英語の採用ページから応募したのは、2020年春のことだ。

ワルインゲさんは取材の中で流暢な日本語を操っていたことが印象に残った。それでも、日本人ドライバーでも苦労する地理試験や運転への慣れには時間を要している。

「地理試験、法令、二種免許の学科。表記はすべて日本語で、とにかく問題が難しかった。研修も含めると、半年くらいは勉強したから(笑)。それでも会社が全面的にサポートしてくれて、外国人の同僚もいろいろ助けてくれた。ドライバーのLINEグループがあって、そこでもいろいろ情報共有ができたし、特にイギリス人、スイス人、フランス人の同僚は親切だった。振り返ると彼らの助けが大きかったですね」

次ページ新型コロナの影響で売り上げは芳しくない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT