部下の心を掴む「異動初日の挨拶」のポイント

重要なのは「部下が何を聞きたいか」である

「最初が肝心」とインパクトのある挨拶をしようと頑張っても、部下の記憶には残りづらく……(写真:xiangtao/PIXTA)
「部下がいつも受け身で、自分で考えて動かない」「きちんと指示したのに、部下がそのとおりにしない」……。こうした悩みを抱える管理職の方は多いのではないでしょうか。
そんな「困った部下」を戦力に変える、上司と部下の対話例が新著『できる上司は会話が9割「困った部下」が戦力に変わる、コーチングのスゴ技』では紹介されています。本稿では、同書より一部を抜粋しお届けします。

「異動初日の挨拶で何を言うか」

12月や3月など、新年や新年度がスタートする前月のコーチングセッションでよく取り上げられるテーマです。そして、ほとんどの上司がセッションの途中で「あること」に気がつきます。 それは皮肉にも、「自分がいくら気合を入れて挨拶したところで、大多数の部下がたいして聞いていない」ということです。 残念ではありますが、現実はそのとおりでしょう。

人間は相手が話した内容の25パーセントくらいしか記憶していないというデータがありますが、実際、あなたが部下だったころのことを思い出してください。異動してきた新しい上司の初日の挨拶に対して、どんな感想を持ちましたか? この質問をすると、「あれ? ほとんど覚えていない……」と答える人が大半です。

着任した上司が「最初が肝心」とばかりに、インパクトのある挨拶をしようと頑張ったところで、結局、部下はたいして聞いてくれず記憶にも残らないのです。

重要なのは部下が何を聞きたいか

だからといって、「どうせ誰も聞いていないから、『初日の挨拶』はなし」というわけにもいきませんね。部下としては、前の上司と新しく着任した上司とどう違うのかは知りたいところでしょうし、どういう人柄なのかは多少ともつかんでおきたいところでしょう。 「初日の挨拶」の内容を考えるうえで大事なのは、まさにここです。

つまり、「部下たちが新しい上司からどんな話を聞きたいのか」という相手目線で、「初日の挨拶」を考えていくのです。

次ページ「初日の挨拶」ポイントは2つ
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT