感染者の自殺率が上昇「猫の寄生虫」の怖い生態

人の脳を占拠、マインドコントロール状態に

宿主の行動を支配する微生物は、ほかにもいろいろわかってきています。たとえば「ディクロコエリウム」という槍形(やりがた)吸虫(きゅうちゅう)がアリに寄生すると、普段は葉陰にいるアリが目立つ場所に移動するなど行動が変わります。すると、牛や羊が葉もろともアリを食べることで、寄生虫は宿主を他の動物に乗り換えて繁殖することができます。

トキソプラズマも狂犬病も、日本では感染する可能性が少ないと思われますが、わずか1000分の数ミリの微小な原虫に、万物の霊長とふんぞり返っている人間が性格まで操られるというのはホラー物語ではないでしょうか。

(画像提供:KADOKAWA)

日本人に最も身近な感染症「ピロリ菌」

人体は「常在菌」と呼ばれる1000種以上の微生物で満ちあふれています。胃の中にいる常在菌の一つが「ヘリコバクター・ピロリ」、通称ピロリ菌です。今や日本人に最も身近な感染症といっていいかもしれません。

『図解 感染症の世界史』(KADOKAWA)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

多くの人が持っている菌であり、健康診断で、菌の検査や除菌を勧められた人も多いのではないでしょうか。

19世紀以来、胃の中に螺旋(らせん)状の尾を持つ細菌がいることはわかっていましたが、たまたま居合わせたものと信じられていました。胃液の主成分は塩酸です。空腹時にはpH1~2という強酸性になります。

このような強酸性の環境に生きている細菌がいるとは考えられず、胃炎や胃潰瘍(いかいよう)はストレスが原因とされていました。

その後、オーストラリアの大学教授がピロリ菌の培養に成功。胃がんや十二指腸潰瘍、慢性胃炎を引き起こしていることがわかってきました。

次ページピロリ菌は民族によって遺伝子の変異が異なる
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT